最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

医師が実名で語った「私のがん体験」10万人に数人の希少がんになって/大橋洋平医師

ライフ・マネー 投稿日:2021.11.04 11:00FLASH編集部

医師が実名で語った「私のがん体験」10万人に数人の希少がんになって/大橋洋平医師

大橋洋平医師

 

 自身の病巣を冷静に診る医師としての顔、ショックで怯える “患者” としての顔ー。がんになった医師たちが、その体験を赤裸々に語った。病院や治療法をどう選んだのか、苦しみをどう乗り越えたのか。そして、どんな “がん名医” が彼らを治療したのか!?

 

 54歳で胃ジスト(ステージ4、ジストはステージ類をしないが、肝臓に転移があるため)になったJA愛知厚生連 海南病院・緩和ケア内科の大橋洋平医師(58)。

 

 

「転移がわかり、思わず主治医に『余命は?』と聞いてしまいました。すると主治医は『大橋さんのがんは、データが十分ではなく、余命は正直わかりません』と、妙な気遣いもなく言ってくれました。それがありがたかったんです」

 

 2018年、大橋洋平医師は突然の下血に見舞われた。

 

「痛みがまるでなく、『胃がんだろう』と直感しました。しかし、私の誤診でしたね」

 

 実際は、発症率が年間10万人あたり1〜2人という「ジスト」だった。胃や腸の粘膜下の筋肉層にできるがんだ。

 

「ショックでしたが、抗がん剤治療ができるのが支えでした。副作用や胃切除も影響し、40kg近く体重が減りましたが、治療のために耐えました。しかし、その9カ月後、肝臓への転移がわかったのです」

 

 大橋医師が冒頭のように尋ねた相手が、勤務先である海南病院の宇都宮節夫医師だ。

 

「肝臓転移の際に、主治医には手術もすすめられましたが断わりました。今は、 “足し算命” でしぶとく生きています。余命が1日ずつ減っていくのを数えるのは、ちっとも嬉しくないですよね。じゃあ、私は『今日まで生きた日』を数えようと決めました。そしたら、不思議と気持ちが楽になったんです」

 

「治療の副作用、後遺症、今後の行く末……がんは苦しいです。それでも、患者さんとの対話は続けていきます」

 

【私を救ったがん名医】
海南病院腫瘍内科 宇都宮節夫医師

 

取材/文・吉澤恵理(医療ジャーナリスト)

 


( 週刊FLASH 2021年11月9日・16日合併号 )

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入