最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1670号
12月20日号
12月6日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月6日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

【頭の体操】無人島の4つの港

ライフ・マネー 投稿日:2022.01.09 16:00FLASH編集部

【頭の体操】無人島の4つの港

 

 ある推理作家は、南国の離れ小島にたった1人で住み、いっさいの連絡ができない状態で創作にはげんでいる。そのため、どうしても用事のある客は、島の東西南北4つある港のいずれかから、島の中央にある家まで長い長い一本道を歩いていかなくてはならない。

 

 雨がふらず、1年じゅう晴天の続く島だけに、家にたどり着いた客は暑さに疲れはててしまう。そして、客のほとんどは、家に上がってすぐに、どの港に着いたのか言い当てられるのだという。

 

 

 船の音が聞こえるわけでもないのに、いったい何を手がかりとして、客の着いた港を言い当てるのだろう。


↓(答えは下にあります)









 

■解答

 

 昼間に訪れる客は、カンカン照りの長い道を歩いて来るうちに日焼けしてしまう。顔や身体のどの部分が日焼けしているかを見ることで、その客がどの方向の港から来たのか知ることができるのだ。 “1年じゅう晴天の続く島” と “東西南北” という条件を組み合わせることはできただろうか。

 

■「頭の体操」BEST (全2巻)
 1966年の発売以来、シリーズ累計1200万部のベストセラーとなった『頭の体操』。その全23集、総数約2000問の中から、究極の100問をセレクト。さまざまなタイプの問題を解くたびに、思考力がつき、創造性が生まれる。日本人の脳を刺激し続けてきた名著が、2分冊になって登場!

 

●「頭の体操」BEST1 購入はこちら

 

●「頭の体操」BEST2 購入はこちら

 

( SmartFLASH )

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入