最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1625
12月7日号
11月16日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月26日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【世界最悪の旅】パキスタンでカラシニコフを撃ってみた

ライフ・マネー 投稿日:2017.03.21 17:00FLASH編集部

【世界最悪の旅】パキスタンでカラシニコフを撃ってみた

『銃が撃てるパキスタンのダッラ』

 

 パキスタンの「トライバルエリア(連邦部族直轄地域)」は、かのオサマ・ビンラディンが潜伏していたことで一気に世界に知れ渡った。アフガニスタンとの国境地帯であるこの地域は、パキスタン国家権力も及ばない無法地帯である。

 

 ここに「ダッラ」という名前の銃器密造で知られる村があった。かれこれ20数年も前の話だが、当時は今ほど治安が悪くなかったので、多くの旅行者がこの村を訪れたものである。

 

 彼等の目的は、カラシニコフを撃ちまくること。
 なにしろパキスタンである。その料金は滅法安く、1発30円程度。日本の射的の方が高いくらいである。

 

 ペシャワールからオンボロバスに揺られて3時間余。私の他にも西洋人旅行者が数人乗っていた。いずれも男子である。やはり男は武器を好むのだなあと思いつつ到着。下車すると散発的に銃撃音が聞こえる。今だったら直ちに地面に突っ伏すところだが、当時はのんびりしたものである。

 

「おお。やってるやってる」

 

 逆に期待感が高まったものであった。

 

「ヘイ、ミスター。シューティング、ガン?」

 

 地元のオヤジたちの中で英語の達者なのが数人、我々旅行者に話しかけてくる。それぞれ商談が始まり、旅行者は三々五々と散っていった。

 

 私に話しかけてきたのは、他の饒舌な連中と違い、話し下手な感じのする純朴な男である。ここでは私は隠し持っていた「リーサル・ウエポン」を取り出した。

 

 それはなにかといえば、「メイド・イン・ジャパン」のエロ本である。しかも2冊。

 

「オヤジ、これ1冊で10発。合計20発、撃たせてくれないか?」

 

 案の定、オヤジは目を白黒させた。

 

「ダメだ。こんなものは、神のお許しがいただけるわけがない」

 

 そんなことをつぶやいている。これは相手を間違えたかな、と思っていたら、世の中には目端の利く人がいるものである。

 

「ヘイ、ミスター、もちろんだとも。……ちょっと来い」

 

 目端の利く男は純朴な男の肩を抱き、その辺を散歩し始めた。話の内容はこんな感じで間違いないだろう。

 

「あの日本人が持っているセクシーブックは、我が国では絶対に手に入らない希少本だ。さる筋に持ち込めば大変な高値で売れるに違いない。私が交渉してやるから、儲けは折半でどうだね?」

 

 こうしてオヤジたちとの商談は成立し、私は2丁のカラシニコフ(1丁はロシア製でもう1丁は中国製だった)を携えて村はずれに赴き、20発をぶっ放して、意気揚々と村に帰ったのである。

 

 すると、ついさっきとは全く違う殺気がみなぎっているではないか。広場に集まっている男達が、なにやら激しい調子で言い争っているのだ。
 彼等の目的は……そう。私である。

 

 次の瞬間、数十人の男達が私を取り囲んだ。彼等は口々に、何かわめいている。興奮した数人は、私に掴みかからんばかりのイキオイである。
 間違いない。エロ本がバレたのだ。

 

 敬虔なこのムスリムの国に、変なものを持ち込んだ日本人がいる。袋だたきにして山に埋めちまえ。そう。ここはトライバルエリアなのだ。

 

 男達の血走った目が私を取り囲んだ。大声でわめいているせいで、なにを言っているのか聞き取れない。そのうち焦れた一人が、私の耳元で、こう叫んだのである。
「ギブ・ミー・ワンモア・セクシーブック!!!!」

(旅行ライター・中山茂大)

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入