最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

西川口に西八王子「住みたい街1位」に疑問噴出!「売りたい街を選んだだけでは?」審査委員長を直撃した

ライフ・マネー 投稿日:2023.01.07 06:00FLASH編集部

西川口に西八王子「住みたい街1位」に疑問噴出!「売りたい街を選んだだけでは?」審査委員長を直撃した

西八王子駅

 

《「本当に住みやすい街」1位は西八王子》

 

 そんな二ュースを目にして、本誌記者は思わずのけぞった。2022年12月15日に住宅ローン専門金融機関の「アルヒ」が発表した「本当に住みやすい街大賞2023」で、西八王子が1位になったというのだ。

 

 記者は、西八王子駅から徒歩18分の中古マンションに住んで10年になる。たしかに暮らしやすい街かもしれない。甲州街道沿いのイチョウ並木は、秋にはなかなかの見ものだ。その気になれば、1時間はかかるが高尾山まで歩いて行ける。

 

 

 しかし、駅前は築50年以上のダイエーこそあるが、こじんまりとした商店街には、チェーン系の居酒屋と、ラーメン店ばかりが目立つ。「本当に住みやすい街」とは、いくらなんでも褒めすぎではないか――。

 

 一住民として疑問は拭えない。いったい、どんな基準で選ばれたのか。

 

「あくまでも噂ですが、西八王子でマンション分譲業者が『西八王子は住みやすい街1位ですよ』などと、客にすすめるための“営業用ツール”ではないでしょうか。そのために、いま重点的に“売りたい”地域を上位にすることがあるといいます。まあ、目くじらを立てるほどのことではありませんよ(笑)」(経済ジャーナリスト)

 

 噂とはいえ、業者がマンションを買わせるために恣意的なランキングを発表しているとしたら大問題だ。「本当に住みやすい街大賞2023」の審査委員長を務めた住宅評論家の櫻井幸雄氏に、審査の基準を聞いた。

 

「審査基準は非常に明確です。まず、直近1年間でアルヒの住宅ローン『フラット35』の利用者が多い街を20~30件ピックアップするんです。それぞれに住環境、交通の利便性、教育・文化環境、コストパフォーマンス、発展性の各項目で点数をつけて、総合点で順位を決めています。

 

 ほかの“住みたい街”系のランキングの多くで、上位に吉祥寺や自由が丘、恵比寿、横浜駅周辺などがランクインしています。不動産価格が高い“住みたくても住めない街”ばかりです。アルヒの調査は“住もうと思ったら住める街”のランキングですから、どうしても地味で、意外な街が上位に入るのです」

 

 その結果、1位に西八王子(東京)、2位に流山おおたかの森(千葉)、3位に新小岩(東京)がランクインしたというわけだ。

 

 アルヒは、西八王子が1位となった理由について《八王子市役所があるため、役所手続きしやすい、駅周辺には「西八商栄会」・「セレオ西八王子」・「ダイエー西八王子店」といった買い物施設が充実》《最寄りの八王子IC付近にはロボットやAI技術を駆使した次世代型複合商業施設が2025年に開業予定》などと説明しているが、決め手は「隣の八王子駅と比較して、コストパフォーマンスが高い」ことだと、櫻井氏は言う。

 

「もともとは隣駅である八王子の人気が上昇していたのです。しかし、不動産価格が上がりすぎて、3LDKの新築マンションで6000万円を超える物件も珍しくなくなりました。一方、西八王子ならまだ4000万円前後で買えるのです。中古なら、2000万円台もあります」

 

“住みたい街”ランキング1位の意外な街は、ほかにもある。賃貸物件情報提供サービスの「CHINTAI」が発表した「一人暮らし女性が選んだ住みたい街ランキング」では、2021年に「西川口」が1位となっている。

 

《一人暮らし女性が選ぶ住みたい街ランキング西川口1位っていやお前うそやろwwww》

 

《西川口を売りたいんだなぁとしか》

 

《女性の住みたい街ランキング1位西川口とかどういう調査したんだ......》

 

 SNSでは疑問の声が噴出。というのも、現在でこそ中国圏の人たちが多く移住し、本格的な“ガチ中華”を食べられる街として人気だが、2000年代初頭は約200店の風俗店がひしめく大歓楽街だったからだ。

 

 地元不動産業者の男性は、こう語る。

 

「う~ん、なぜですかね。西川口は、東口と西口でまったく雰囲気が違います。東口は蕨や川口のような住宅街ですが、西口は現在も風俗街の雰囲気が多少残っています。

 

 家賃が安いことが1位の理由でしょうか。2DKの家賃は、蕨や川口より5000円から1万円は安いイメージで、都心へのアクセスの便利さは変わりません」

 

「CHINTAI」の担当者が、ランキングの選定理由をこう説明する。

 

「弊社の女性向け賃貸物件検索サイト『Woman.CHINTAI』に掲載された物件のうち、実際に検索や問い合わせ数がいちばん多かったのが西川口だったんです。2位は池袋、3位が北千住でした」

 

 一方、「CHINTAI」はアンケートをもとにした「憧れの街ランキング」も同時に発表。こちらは、上位から吉祥寺、横浜、新宿となった。

 

 西八王子と西川口の共通点をあえて探せば、物件価格や賃料が周辺よりも安いことに行き着く。そういえば、記者もマイホームを探して中央線をどんどん下り、最後に辿り着いたのが西八王子だった。「住めば都」と言われるが、記者はこれからも西八王子に住み続けたいと思っている。

( SmartFLASH )

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入