最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

『地球の歩き方』〈東京編〉が10万部のヒットになるまで…当初は「赤字覚悟」だった

ライフ・マネー 投稿日:2023.01.26 06:00FLASH編集部

『地球の歩き方』〈東京編〉が10万部のヒットになるまで…当初は「赤字覚悟」だった

「東京」にも明治神宮や浅草寺などの御朱印のほか、御朱印のいただき方などの解説も収録されている

 

 新型コロナウイルスの影響でガイドブックの売り上げが前年比9割減を記録。40年続く『地球の歩き方』は未曾有の危機をどうやって乗り越えたのか?完全復活ドキュメント!

 

 2020年4月、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、日本政府は緊急事態宣言を発出。観光業は大ダメージを被った。海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』も歩みを止めた。編集長の宮田崇さんが述懐する。

 

 

「2020年1月に中国の武漢で何かが起こっていると報道されて、弊社の中国関連のアイテムを無期発売延期にしました。4月、5月の売り上げは前年比9割減を記録したこともあって、我々の仕事がなくなるかもしれないという危機感がありました」

 

 2020年9月、『地球の歩き方』として初となる本格的な国内向けガイドブック「東京」を発売した。

 

「創刊40周年の年に東京五輪が開催されるのでシャレで出してみようと思ったんです。書店で『東京フェア』が始まったとき、謎めいた厚さのガイドブックがあって、お客さんに『何これ? 〈地球の歩き方〉じゃん!』と、認知してもらえたらいいなと。価格は開催年に合わせて2020円にしたので、ガイドブックとしては高いし、赤字覚悟でした。五輪は参加することに意義がありますからね」(宮田編集長)

 

 編集長の思惑は外れた。ガイドブック「東京」は、10万部の大ヒットを記録。

 

 海外旅行のガイドブックの改訂版を中心に、年間約140点を作っていたが、コロナ禍ですべての作業がストップした。

 

 東京五輪特需を見込んで作り、予想をはるかに上回る大ヒットとなった「地球の歩き方 東京」「地球の歩き方 東京 多摩地域」について、出版編集室プロデューサー・福井由香里さんに聞いた。

 

「『東京』は、企画の立ち上げから完成までに1年半ほどかかりました。国内のガイドブックは世の中に数多あるので、流行を追わず、昔からある東京を代表するようなものに絞って作ることにしました。個人的に気に入っているのは銭湯の特集。東京には古い銭湯が残っていて建築的にも構造的にもおもしろくて、プチ観光の要素もあるんです」

 

「東京」に続いて「東京 多摩地域」(2022年3月)を発売した。

 

「『東京』の読者アンケートで『23区以外の情報が少ない』という声が多数あったので、一冊作っちゃえ! って(笑)。30市町村すべてカバーしました。小さな街でも掘り下げていくと『じつはクジラの化石が見つかった土地だった』など、新たな発見がありました。

 

 一般には知られていないトリビアがたくさん収録されています」

 

写真・木村哲夫

( 週刊FLASH 2023年2月7日号 )

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入