最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1450号
12月19日号
12月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月10日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第5弾】12月1日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

堀江貴文「最初のネットがらみの仕事はアップルへのプレゼン」ライフ・マネー 2017.12.06

堀江貴文「最初のネットがらみの仕事はアップルへのプレゼン」

 

 これまで、放送局の買収計画や総選挙の出馬など、様々なチャレンジをしてきた実業家の堀江貴文。

 

 11月26日、都内書店で行われた『林檎の樹の下で』(光文社)の出版トークイベントにゲスト登壇し、初めてインターネットの仕事に関わった時代を振り返っていた。

 

『林檎の樹の下で』は、かつてスティーブ・ジョブズらが設立したアップルコンピュータが、日本に初めて持ち込まれた当時の記録をまとめたノンフィクションだ。

 

 当時、アップルはAOL(アメリカオンライン)という、Macintosh専用ソフトでパソコン通信サービスを提供していたのだが、やがてインターネットの時代が訪れた。

 

 この話にからめて、実は、堀江が初めてインターネット関連で手がけた仕事は、アップルに関するものだったと語っていた。

 

「これからはインターネットの時代だから、アップルジャパンのホームページを作ることになって。『MACLIFE』編集部と、ウチ(堀江がバイトしていた会社)のコンペだったんです。ぼくの最初のインターネットの仕事は、コンペのプレゼン資料を作ることだったんです。『こんな感じのデザインで、どうですか』って」

 

 しかし、残念ながらコンペで敗北。しかし、アップルとのつながりはまだ途切れていなかった。

 

「コンペで負けたことがきっかけで、そのバイト先が『ウェブの仕事をやろう』みたいになって。ちょうど、アップルがバンダイをだまくらかして始めた、『ピピン(アットマーク)』(アップルとバンダイが共同開発したゲーム機)っていうのがあって。うちの初仕事は、ピピンのウェブサイトをつくることだったんです」

 

 このピピンアットマークは、世界一売れなかったゲームと言われることもあるが、1996年発売ながら、インターネット接続が可能なマルチメディア機。

 

 時代を先取りしすぎた幻の機体に、実はあのホリエモンが意外な形で関わっていたのだった。 

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年秋号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

プラチナフラッシュ Vol.2
11月24日発売
表紙:渡辺 梨加

詳細・購入