最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1522号
7月23日30日合併号
7月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第23弾】6月28日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

花粉シーズン「鼻炎薬と風邪薬」の飲み合わせで眠気が襲うライフ・マネー 2018.04.10

花粉シーズン「鼻炎薬と風邪薬」の飲み合わせで眠気が襲う

 

「ふだんから花粉症の薬を飲んでいるんですが、この間、出張で新幹線に乗るため、酔い止めを一緒に飲んだんです。そうしたら、眠くて仕方なくて。ボーッとしながら上司の話し相手をしなければならず、苦痛でしたよ」

 

 そう愚痴をこぼすのは、40代のサラリーマン、Aさん。鼻炎用薬で眠気を感じることはしばしばだが、この季節は手放すわけにはいかない。

 

「鼻炎用の市販薬の多くには、抗ヒスタミン剤という成分が使われています。この抗ヒスタミン剤には第一世代と第二世代があり、第一世代のものは、副作用として強い眠気を引き起こすものがあります。

 

 Aさんが飲んだ酔い止めにも、同じくこの抗ヒスタミン剤が配合されていたのでは。このような飲み方は、成分が重複して、副作用が強く出る恐れがあります」

 

 こう話すのは、公園前薬局(東京都八王子市)の薬剤師・堀美智子さん。抗ヒスタミン成分は、鼻炎用薬だけでなく、多くのかぜ薬にも含まれている。

 

 また、アレルギー症状を抑える効果があるため、湿疹などを治す飲み薬にも配合されている。一見、関係なさそうな鼻炎の薬と湿疹の薬でも、抗ヒスタミン成分を重複して摂取してしまう可能性があるのだ。

 

 鼻炎薬とアレルギー薬、鼻炎薬と咳止めなどの飲み合わせにはくれぐれも気をつけよう。

 

(週刊FLASH 2018年3月27日・4月3日合併号)

 

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年初夏号
5月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入