最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1477号
7月24日・31日
合併号
7月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月15日増刊号
3月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第11弾】6月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

王はなく玉が2つ「名人戦第1局」でしか使われない駒と盤ライフ・マネー 2018.05.14

王はなく玉が2つ「名人戦第1局」でしか使われない駒と盤

 

「1949年、栃木県の愛棋家から『名人戦に使ってください』と、連盟に寄贈されました。少なくとも1960年代中ごろから、名人戦第一局でしか使われていません」(日本将棋連盟・高峰茂生氏)  

 

 名人戦第一局のみで使われる「名人駒」と「名人盤」。唯一無二の逸品には、値段はつけられないが……。

 

「単純な商品価値なら、100万円以上はします。駒は大正から昭和期の名工・奥野一香の全盛期の作です。長く指しても疲れない木地と、王はなく、玉が2つの “双玉” が特徴。

 

 盤の素材は、最高級とされる日向産のカヤ材です。どちらも、名人たちが実際にふれて、『逸品ですね』と唸ります」(同前)

 

 駒は最高級とされる御蔵島産のツゲ材から作る。玉将には「奥野作」の字が。漆を塗り重ねた「盛り上げ駒」で、力強い字体が特徴的だ。

 

 盤はカヤ材を40年ほど乾かしてから作られるので、明治後期に伐採されたものとみられる。傷や漆の剝がれを直すため、何度か面が削られており、盤の厚みが減っている。

 

 専用の桐箱が誂えられたのは1978年。当時の将棋連盟会長だった大山康晴十五世名人が揮毫した。

 

(週刊FLASH 2018年4月24日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年初夏号
6月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

Vol.5 7月13日発売
表紙:齋藤飛鳥

詳細・購入