最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1513号
5月7日・14日・21日合併号

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第20弾】3月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

目黒川は「めぐる川」…水難地帯この地名が危ない!ライフ・マネー 2018.09.17

目黒川は「めぐる川」…水難地帯この地名が危ない!

国交省のビデオ「荒川氾濫」より

 

「日本ほど災害の多い国はありません。その経験と情報は、子孫に必ず伝え残さなければいけない。地名はそうしたメッセージそのものです」

 

 そう力説するのは『地名でわかる水害大国・日本』(祥伝社新書)などの著書がある地名研究家の楠原佑介氏だ。

 

 

「東京の落合は神田川と妙正寺川の合流点ですが、1999年には西落合で、集中豪雨によって男性が地下室で溺死する事故も起きています。目黒川も、もとは氾濫を繰り返して蛇行する危ない川です」

 

 国交省の「重ねるハザードマップ」で「明治期の低湿地」の目黒川を確認すると、確かに蛇行しており、周囲に低湿地が広がっていたことがわかる。

 

「大阪の梅田などは『梅=埋め』で、埋め立てた土地を示します。このような例は有名ですが、ほかにも当て字を使う地名は多く、解読は難しいものです。しかし、各地に共通の地名、地形の特徴、過去の災害を拾い上げ、重ね合わせていくことで浮かび上がってくるものがあります」

 

 東京都狛江市は、ドラマ『岸辺のアルバム』で有名な1974年の多摩川決壊現場である。地名の由来は「高麗の人が住む入り江」説が狛江市のHPにも掲載されているが、楠原氏は別の説をとる。

 

「コマは回る、曲流するという意味。当時の浸水箇所を古地図で確認すると、戦後に宅地開発される前は、多摩川の網目状流路の真ん中でした」  

 

 戦後の宅地開発や市町村合併などにより、かつての地名は急速に消滅しつつある。

 

「本来の地名を『イメージが悪い』と安易に変えてしまうのはなんとも愚かなことです。地名は、ここには住んではいけない、こんな災害がある、という先祖からのメッセージです。名前を変えても『水は低きに流れる』という真理は変わりません。災害は必ずそこにやってくるのです」

 

 日本の地名の多くは災害に関連するものだということを、心に刻んでおきたい。

 

【地名と災害の関連性】

 

●落合(東京都新宿区)・川口(埼玉県川口市) 
→水が落ち合う合流地点

 

●目黒川(東京都目黒区) 
→めぐる(曲流・蛇行)川

 

●狛江(東京都狛江市) 
→回転・曲流する川

 

●掛(さいたま市)・垳(埼玉県八潮市) 
→堤防決壊

 

●越生(おごせ、埼玉県) 
→驕る瀬、水流が奔騰して溢れる地

 

●押切(茨城県取手市ほか)・荒越(名古屋市) 
→堤防決壊

 

●猪之越(名古屋市) 
→井(川)を越す。越水地点

 

●難波(大阪市) 
→傾き、水が溢れる地

 

灘(兵庫県神戸市) 
→ナ(土地を表わす古語)+タレ(垂れる)

 

●六甲山(兵庫県) 
→武庫山、ムケ(剝け)山

 

●阿武山(広島市) 
→アブない山

 

●八木(広島市) 
→焼き畑地。土壌崩壊が多い

 

●緑井(広島市)
→水泥井(みどろい)川。土砂災害との関連
 

(週刊FLASH 2018年9月4日号)

【関連記事】

・嵐・松本潤も!男性芸能人と「AV女優」を結ぶ複数のルート

・小室圭さん留学開始で…秋篠宮家「真っ二つ」の父娘断絶

・女子高生コンクリ詰め殺人犯「30年後に殺人未遂」の鬼畜

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入