最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1526号
9月3日号
8月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第24弾】7月26日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

年金受給「一番得するのは65歳からもらい始める」説の根拠ライフ・マネー 2018.10.18

 

 人生100年時代を生き抜くうえで、アラフィフになって気になるのが、「年金は何歳から受け取るとお得か」という問題だ。年金は65歳より早くもらい始めると、毎月受け取れる金額が減少してしまう。

 

 

 ファイナンシャルプランナーの関口博美氏がこう教えてくれた。

 

「5歳繰り上げて60歳から年金の受給を開始すると、受け取る金額は1年あたりでマイナス6%になってしまいます。総額で見ると、65歳から受給を開始した人と比較した場合、76歳の時点で追い越されてしまいます」

 

 逆に65歳からの受給開始を繰り下げることで、1年あたり、約8%も受取額を増やせる。上限の70歳まで繰り下げると、プラスは最大で42%にものぼる。

 

「70歳まで受給開始を延ばすと、81歳よりも長く生きた場合、65歳から受給開始した人よりも、総額で得をするということになります。

 

 金額的には繰り下げしたほうが得ですが、その前に生活費が枯渇している人もいますし、短命だったら損をするという話になります」(同前)

 

 ここで注意すべきことがある。
 42%増といっても、老齢基礎年金と老齢厚生年金などを足して、年120万円を超えると、税金がかかってくるのだ。

 

「たとえば、年金が200万円の人の場合、5年繰り下げて 42%増えると284万円。所得税が5万円ほどかかる。

 

 収入が増えると国民健康保険料も高くなってしまうので、そのぶん手取りが減ってしまうのです。この部分は見落としがちです」(同前)

 

 なお、65歳以降も働くと「在職老齢年金」によって年金がカットされて損すると思っている人も多いが、これは普通の人は無視して大丈夫。65歳以上でこの制度が適用されるのは、厚生年金と給料合わせて月46万円を超える人だけだからだ。

 

 65歳以降も働くかどうかはさておき、女性の平均寿命が87.14歳、男性が80.98歳であることを考えると、65歳になったら年金をもらい始めるのがベストなのだ。

 

 

(週刊FLASH 2018年9月11日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年初夏号
5月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月19日発売
表紙:山下美月

詳細・購入