最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1567号
7/28・8/4合併号
7月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月14日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

「ムー」編集長の超常現象スクープ「2025年はユートピア」説もライフ・マネー 投稿日:2018.11.18 11:00

「ムー」編集長の超常現象スクープ「2025年はユートピア」説も

 

 UFO、超能力、古代文明ーー40年におよぶ歴史のなかで、「ムー」はさまざまなミステリーの真相に迫ってきた。編集長の三上丈晴氏が、その禁断の歴史を振り返る。

 

「弊誌が扱うミステリー現象の数々は、すべて取り扱いが難しいものです。『本当にある』と作り手が押しつけると、読者はドン引きしてしまうレベルのものばかりです。

 

 

 写真を掲載できれば読者の反響も大きいのですが、政府機関や公にできない研究団体からの入手には、しばしば危険がともないます。

 

 陰謀論や予言の解釈をめぐって、トラブルに見舞われたこともありました。『これは誰も知らないヤバい真実にふれてしまった』と確信することも、じつは何度かありました」(三上氏、以下同)

 

 そんな「ムー」で大きな反響があったトピックスを紹介する。

 


【UMA】

 

 UMAとは「未確認動物」のこと。それは「ただ珍しいだけではない」と三上氏は語る。

 

「北米取材ではビッグフットの足型を入手し、その実在を確信しました。しかし、UMAはじつは環境問題なんです。存在するならば、彼らは絶滅危惧種であり、保護しなくてはならない生物なのです。ユネスコ案件となったUMAの例もあります」

 

 代表的な記事は、1987年9月号「ビックフットの正体を追う!!」。身長2メートル超、毛むくじゃらのビックフッドの姿がとらえられているだけでなく、足跡の型取りが原寸大で掲載され、世間の度肝を抜いた。

 


【超古代文明】

 

「1万2000年前、最終氷期の末期に超古代文明が存在していたことは、ほぼ証明されつつあります。消滅の原因は、彗星激突や大洪水による気候変動。

 

 従来『斉一論』の立場から、文明はゆっくりと進化してきたと考えられていましたが、急激な変化があったという『激変論』に基づく古代史研究も注目されています」

 

 

 代表記事は、2012年2月号「大ピラミッドと太古宇宙戦争の謎」だ。「ピラミッドは宇宙エネルギーを利用した古代の超兵器だった」という説が徹底検証されている。ピラミッドの頭頂部は、エネルギー充塡装置だったのかもしれないのだ。

 


【終末思想】

 

 終末思想は現代の国際問題の分析に直結している、と三上氏は力説する。

 

「ユダヤ教やキリスト教、イスラム教は聖書を聖典としています。聖書の世界観や終末論をベースにして、いまも欧米や中東の未来は予測されています。

 

 1999年、2012年の終末こそ回避できましたが、現代の国際問題なども、そうした視点からの分析も必要でしょう」

 

 

 代表的な記事は2つ。1つめは1999年8月号の「ノストラダムス最終大予言1999」。1999年7月を目前に控え、大胆にも予言の再解釈と検証が敢行され、「1999年が終末ではない」という仮説が実証されている。

 

 

 もうひとつは、2012年12月号の「2012年12月23日 マヤ予言最終結論」だ。マヤ文明の人類滅亡説が再検証され、象形文字に、2025年はユートピアだと書かれているという説が紹介された。

 


(週刊FLASH 2018年11月13日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入