最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1540号
12月17日号
12月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【食堂のおばちゃんの人生相談】43歳・運送業のお悩みライフ・マネー 投稿日:2019.01.04 11:00

「食堂のおばちゃん」として働きながら執筆活動をし、小説『月下上海』で松本清張賞を受賞した作家・山口恵以子。テレビでも活躍する山口先生が、世の迷える男性たちのお悩みに答える!

 

【お悩み/松本さん(43)運送業】

 

 昔から夜更かしのくせが治りません。翌日どんなに早くても、テレビや読書で睡眠時間が2、3時間になってしまい、眠くて後悔しています。にもかかわらず、その夜も夜更かしを……。早寝の習慣を身につける方法はありませんか?

 

 

【山口先生のお答え】

 

 簡単です。毎朝3時半に起きれば良いのです。そうすれば、必ず毎晩9時には就寝するようになります。私は食堂に勤務していた12年間、毎日午後9時就寝、午前3時半起床でした。

 

 早寝の習慣を身につけようと思ったら「早く寝る」を目的にするのではなく「早く起きる」を目的にして下さい。

 

 これはとても理にかなっていて、朝のニュース番組の出演者やスタッフはほぼ毎日、午後7時就寝、午前2時起床という生活を送っています。

 

 だからあなたも、午前6時や7時ではなく、2時、3時という日常からかけ離れた起床時間を設定すれば、それに 合わせて睡眠時間を調整できるようになるはずです。1度 生活習慣を身につけてしまえば、維持するのも簡単です。

 

 そして、ここまで言っておいてナンですが、あなたが夜中に読書やテレビ鑑賞をするというのは、実は人間として正しい行為なのです。

 

 宮尾登美子さんや水谷修さんも仰ってますが、人間は日のあるうちはアウトプット(書く・作る・演奏するなど)、日が沈んだらインプット(読む・聴く・鑑賞するなど)をするのが良いそうです。

 

 だから夜書いた手紙や小説、夜作った曲などは、感情過多で出来が悪いそうです。私もまったく同感で、小説は日のあるうちに書きます。夜は呑むためにあるんです。

 


やまぐちえいこ
1958年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。就職した宝飾会社が倒産し、派遣の仕事をしながら松竹シナリオ研究所基礎科修了。丸の内新聞事業協同組合(東京都・千代田区)の社員食堂に12年間勤務し、2014年に退職。2013年6月に『月下上海』が松本清張賞を受賞。最新刊『婚活食堂』が発売中売中

(週刊FLASH 2018年11月6日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入