最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1533号
10月22日・29日合併号
10月8日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第26弾】9月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【食堂のおばちゃんの人生相談】53歳・文具メーカー勤務のお悩みライフ・マネー 2019.04.19

「食堂のおばちゃん」として働きながら執筆活動をし、小説『月下上海』で松本清張賞を受賞した作家・山口恵以子。テレビでも活躍する山口先生が、世の迷える男性たちのお悩みに答える!

 

【お悩み/テツオさん(53)文具メーカー】

 

 

 5月の10連休に、夫婦でヨーロッパ旅行を奮発することにしました。ところがネット検索で、海外で犯罪被害に遭った日本人旅行者の例をたくさん見てしまい、急に不安に……。出発が近づくにつれて、不安が増大していきます。旅行はやめたほうがいいでしょうか? 


【山口先生のお答え】

 

 あらら、それはご旅行前にマズいものを見てしまいましたね。犯罪被害例ばっかり見ていたら、不安になるのも無理はありません。

 

 でも旅行社主催のパックツアーなら、添乗員の指示に従って行動する限り、比較的安全ではないでしょうか。

 

 自由行動のときも「知らない人について行かない」「ヤバい場所に入らない」「正体不明のものを口に入れない」など、ごく普通の常識を守れば、そんなに危ない目に遭わないのではと思うんですが。

 

 しかし、曾野綾子さんは「電車が時間通りに来る、店員が釣り銭をごまかさない、ホテルがダブルブッキングをしない等々の快適さを求める人は、海外旅行をしない方が良い」と仰っていました。

 

 もし100%の安全を求めるなら、海外旅行はしない方が賢明かもしれません。考えてみれば犯罪被害に遭う前に、飛行機が墜落する危険だってあるのですから。そして、もし中止するなら、奥さんとの意見調整で危機が生じる可能性もあります。

 

 そもそも海外旅行経験が生涯たった一度、1泊2日の「月火上海」だけの私に相談するほうが間違ってますよ。


やまぐちえいこ
1958年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。就職した宝飾会社が倒産し、派遣の仕事をしながら松竹シナリオ研究所基礎科修了。丸の内新聞事業協同組合(東京都千代田区)の社員食堂に12年間勤務し、2014年に退職。2013年6月に『月下上海』(文藝春秋)が松本清張賞を受賞。『食堂メッシタ』『食堂のおばちゃん』シリーズ、最新刊『夜の塩』が発売中

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入