最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

元政治家・松浪健四郎、前立腺ガン治療中に別のガンを早期発見

ライフ・マネー 投稿日:2019.05.05 20:00FLASH編集部

元政治家・松浪健四郎、前立腺ガン治療中に別のガンを早期発見

 

 人間だれしも、ガンになるリスクを抱えている。「備えあれば憂いなし」とはいうものの、闘病経験のない者にとっては、未知の恐怖がある。そこで、前立腺ガン、腰骨の悪性リンパ腫、膵臓ガンを克服した元政治家の松浪健四郎さん(72)を訪ね、ガンの予兆を感じた「いま思えばあのとき……」を聞いた。

 

「『おしっこの回数が多くなったなあ』と気にはなっていましたが、それも年齢のせいだと思っていました。だから泌尿器科の先生に『念のために検査をしましょう』と言われたときも、本当に『念のため』でした」

 

 

 そう苦笑する松浪さんは、CTとMRI検査を受診した2018年5月に、初期の前立腺ガンが見つかった。

 

「治療法は手術、放射線、ホルモン療法の3択でした。先生に、いちばん楽な治療法を聞くと、ホルモン療法をすすめられました。デメリットを『性欲がなくなる』と説明されましたが『それは(なくなっても)かまいません』と答えました(笑)」

 

 そしてホルモン療法開始後、検査をしていたら、腰骨の中に悪性リンパ腫が偶然見つかった。さらにその後、膵臓ガンも発見されたのだ。

 

「すべてのガンが、転移ではなく新たに発生したものでした。ただおかげさまで、初期ばかり。悪性リンパ腫は抗ガン剤治療を選択して、膵臓ガンは命に関わるということで、9時間かけて摘出手術をしていただきました」

 

 初期の膵臓ガンは無症状だと思われがちだが、8割の患者に、腹痛、食欲不振、腹部の膨満感、糖尿病、白目に黄疸が出る、背中に痛みが出るなどの症状が見られるという。

 

 しかし、ほかの臓器に囲まれており、早期発見は困難だ。松浪さんの場合、最初のガンが見つかり、精密検査を受けたことから、膵臓ガンを早期に見つけることができた。  

 

 抗ガン剤の影響で髪の毛が抜け、トレードマークのちょんまげは結えなくなってしまった。今は医療用のかつらを着ける。

 

「今は『国民の2人に1人がガンになる』といわれる時代。『自分も必ずガンになる』。そう思って間違いないですね」

 


まつなみけんしろう 
大阪府出身 全日本学生レスリング選手権・全米レスリング選手権優勝。専修大教授、衆院議員を経て、2011年から日体大理事長

 

(週刊FLASH 2019年4月23日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入