最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【食堂のおばちゃんの人生相談】36歳・運送業のお悩み

ライフ・マネー 投稿日:2019.05.17 11:00FLASH編集部

「食堂のおばちゃん」として働きながら執筆活動をし、小説『月下上海』で松本清張賞を受賞した作家・山口恵以子。テレビでも活躍する山口先生が、世の迷える男性たちのお悩みに答える! 

 

【お悩み/マツさん(36)運送業】

 

 私の先輩は激辛好きで、外回りで一緒になると必ず激辛料理の店に連れていかれます。私は辛い物が得意じゃないので、たまったもんじゃありません。 

 

 最近は、自分の辛さ耐性を自慢しつつ、私が苦しむのを楽しんでいるのではないかと……。なんとかならないですか?

 


【山口先生のお答え】

 

 いや、それはつらいですねぇ。実は私も辛い物は得意じゃない(日本のタイ料理がやっと食べられるくらい)ので、お気持ちは良くわかります。 

 

 辛い物を食べると口の中が火傷したみたいになって、味も何もわからなくなるんです。そしてマツさんが仰るように「辛い物好きは何故辛さに強いことをアピールしてくる」のでしょう?
自分だけ勝手に喰ってりゃ良いのにねえ。

 

 確かに辛くて美味しい料理はあります。でも20倍カレーとか、30倍○○というのは、食べ物というよりゲームみたいな気がします。無理して食べてお腹を壊すのはバカらしいですよね。

 

 対抗策としては「いつも先輩に案内してもらってるから、今日は僕が」と、辛くない料理の店に連れて行くか、激辛の店の中で一番辛くない料理を選ぶか、先輩と昼時に外出しないようにするか、この三つくらいしか……。

 

 そうだ! ギネス級の激辛料理に挑戦させて、先輩を辛い物嫌いにするって、ダメ? お役に立てなくて、ごめんなさいね。


やまぐちえいこ
1958年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。就職した宝飾会社が倒産し、派遣の仕事をしながら松竹シナリオ研究所基礎科修了。丸の内新聞事業協同組合(東京都千代田区)の社員食堂に12年間勤務し、2014年に退職。2013年6月に『月下上海』が松本清張賞を受賞。『食堂メッシタ』『食堂のおばちゃん』シリーズ、最新刊『夜の塩』が発売中

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入