最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

そのイライラは「男の更年期障害」35歳からのチェックリストライフ・マネー 投稿日:2019.11.11 11:00

そのイライラは「男の更年期障害」35歳からのチェックリスト

検査を受けた中川パラダイス

 

「ま~たあの人、イライラしてるよ。こっちに、とばっちりが来なけりゃいいけど……」

 

 あなたの職場に、そんな陰口を叩かれている上司はいないだろうか? じつはその上司のイライラ、「男性更年期障害」の症状である可能性が高いのだ。

 

 

「男性ホルモンの分泌量の減少によって、多岐にわたる症状が出るのが男性更年期障害。『やる気が出ない』などの心に関わる症状、『疲れやすい』などの身体に関わる症状、『性欲が湧かない』などの性機能の変化などがあります。

 

 ただ、『この症状があれば男性更年期障害』と断定できないのが、厄介なところなんです」

 

 そう語るのは、「Dクリニック東京メンズ」の鈴木雄一郎医師。更年期障害に悩む男性は、潜在的に600万人いるともいわれており、社会的なストレスを感じやすい35歳以上が、最初の発症ピーク。もっとも患者数が多いのは、40代から50代だという。

 

 そこで、「ラーメンと焼き肉が大好き。おまけに痛風持ち」という、ウーマンラッシュアワーの中川パラダイス(38)に、同クリニックで検査を受けてもらった。

 

 検査では、血液や血管年齢、骨密度など、体の隅々まで調べる。検査前は、「20代のころと比べれば、『1日起きてるのがしんどい』みたいなことはありますけど……」と中川も不安げ。

 

中川パラダイス(以下・中)「まわりの先輩とかは、『もう女に興味なくなってきたわ』っていう人、けっこう多いんですよね」

 

鈴木医師(以下・鈴)「40代ぐらいから、そういった方は多くなってきます。中川さん、血管年齢が61歳ですか。1週間後の採血の結果次第ですが、もしかすると、動脈硬化が進んでいるかもしれません」

 

中「なにか関係あるんですか?」

 

鈴「男性ホルモンの量が低下すると、糖尿病やうつ病、メタボになりやすくなるといわれています。『EDも、脳梗塞や心筋梗塞の予兆』という指摘が、近年出てきていますね」

 

中「僕は性行為のためなら仕事も頑張れるし、まだ女性を口説きたい(笑)。ただ、『これで勃たへんくなったら、全部崩れだすんじゃないか』という不安はあります……」

 

鈴「性欲の低下や、勃起機能などは問題なさそうですが……最終的には、血液検査の結果を見て診断となります」

 

 さて1週間後。検査結果は、「男性更年期障害については、現時点で心配なし」。中川もひと安心だった。

 

 男性更年期障害のおもな治療法は、男性ホルモンの補充だ。注射や、陰嚢(玉袋)にゲル薬を塗って摂取する。

 

「現在、男性更年期障害の治療は、ほとんどが保険適用外です。ただ、近年は適用されるケースも増えてきているので、まずは専門の泌尿器科に相談してみましょう」(五本木クリニック・桑満おさむ院長)

 

 上司もさることながら……あなたは大丈夫? 次のページでは、チェックリストと治療の流れを紹介する。仕事の合間に、こっそり照らし合わせてみて。

12

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入