最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

症状が出にくい膵臓ガンにも…「唾液一滴」で早期発見!

ライフ・マネー 投稿日:2020.01.02 16:00FLASH編集部

症状が出にくい膵臓ガンにも…「唾液一滴」で早期発見!

イメージ

 

 日本人のガン検診の受診率は30~40%程度だという。受けたほうがいいのはわかっているが、大変そうだし、人間ドックだと費用も心配……。ところが今、一瞬で検査できて高精度、費用もわずかですむ最新技術が注目されている。

 

 ガンの検査法には「〇〇一滴」を標榜するものが多い。これらは、「リキッド・バイオプシー」といい、内視鏡や針で腫瘍の組織を採取する従来の検査に比べ、患者の負担が小さいのが特長だ。

 

 

 ガン治療の専門医である、東京オンコロジーセンターの大場大医師はこう語る。

 

「リキッド・バイオプシーは、簡便でストレスも少なく、早期発見に繋がるケースはあるかもしれません。ただ、現状ではガン発見に注力しすぎて、ガンではない人を、誤って陽性(偽陽性)としてしまう問題は解決できていません。

 

 さらに、仮にガンの有無は判定できたとしても、どこの臓器のガンかまではわかりません。ということは、検査で陽性とされると、医療機関であらためてイチから全部、さまざまな検査を受け直す必要があるのです。

 

 さらに、治療の必要のないガンまで発見されてしまう、“過剰診断” にも繋がる可能性があります。したがって、広く普及させるためには、ちゃんとした臨床試験で評価すべきだと考えます」

 

 リキッド・バイオプシーのなかで、「唾液一滴」でガンが検査できると注目されているのが、島津製作所やサリバテックなどが開発した、検査費用は3万円の「Saliva Checker」だ。

 

 唾液の成分の大部分は血液由来のため、ガン細胞から分泌される代謝物も、唾液中に染み出す。検査には苦痛がなく、症状が出にくい「膵臓ガン」も早期発見できる可能性がある。

 

「一滴」には、命を救う可能性がある。近い将来、ガン検査のスタンダードになるのだろうか。


(週刊FLASH 2019年12月24日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入