最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1595号
3月16日号
3月2日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

2月22日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

親が倒れてからでは遅すぎる「最強の介護施設」を探す5カ条

ライフ・マネー 投稿日:2020.02.14 11:00FLASH編集部

親が倒れてからでは遅すぎる「最強の介護施設」を探す5カ条

 

 高齢者施設、介護施設にはさまざまな形態がある。どんな施設を選ぶべきなのだろうか。

 

「まず、どれくらい介護が必要な状態なのか、各市町村に申請して、介護認定を受ける必要があります。介護度によって入居できる施設が変わってくるからです。

 

 公的介護保険の『要介護3』以上に認定されれば、『特養』の申請が可能になります。介護型ケアハウスは、『要介護1』から入居可能で、特養同様に低コストなので、資金に余裕がないという方に紹介することが多いです。

 

 有料老人ホームとなると、幅はあるものの、大都市圏ではかなり高額です。しかし、地方であれば話は別。入居一時金も安く、月の負担も、年金内でまかなえるところも探せます。

 

 入居してしまえば、外出する機会は少ないですから、地方で探すのは有力な選択肢です。じつは待機者の数には、かなり地域差があるのです。地域によっては、申請から2~3カ月程度で入居可能なところもあります」

 

 細かな施設ごとのルールにも、注目すべきだという。

 

「自宅で “晩酌” を楽しみにしていた人は、晩酌に関するルールをチェック。自分の部屋での飲酒はOKでも、食堂で晩酌はできない施設も多いからです。

 

 でも、探せば晩酌できる施設もある。本人の細かな嗜好を考慮して、満足できる施設を探すべきです」

 

 しかし、なにより大きな問題となるのは、お金だろう。

 

「あくまで平均ですが、介護期間は5年弱、費用は500万円というのが目安になります。しかし、実際には介護が年10以上に及び、“介護破産” するケースもあるのです。

 

 特に男性高齢者は、自分の寿命を短く見積もりがちで、介護する子供たちも、それにつられて介護費用を見積もりがちです。しかし、親が実際に施設に入居すると、健康的な生活になり、長生きするケースも多いのです。

 

 注意が必要なのは3000万~5000万円の老後資金を準備しているような家庭。余裕があるので油断しがちで、いざ親が要介護になって探した施設が割高で、数年後に資金がショート……そんな悲劇も、実際にあるのです」

 

“そのとき” は、待ったなしでやってくる。目を背けずに向き合おう。


(週刊FLASH 2020年1月28日号)

12

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入