最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

始まりは三輪トラック…創業100年「マツダ」のデザイン秘話ライフ・マネー 投稿日:2020.02.16 11:00

始まりは三輪トラック…創業100年「マツダ」のデザイン秘話

1950年に誕生したマツダの三輪トラック「CT/1200」

 

 大変革期にある日本の自動車メーカー。その中で、独特の存在感を示すのが、マツダだ。誕生から100年、同社は「エンジンへのこだわり」と「デザイン性の高さ」で、コアなファンの心をとらえ続けている。その “原動力” の秘密に迫った。

 

「『マツダデザイン』の歴史は、1950年まで遡ります。インダストリアルデザインの草分け的存在だった、小杉二郎氏を嘱託デザイナーとして招聘しました。

 

 

 彼が最初にデザインしたのが、三輪トラックの『CT/1200』です。その後、『R360(マツダ初の四輪乗用車)』などを手がけると大ヒット。ちょうどそのころ、社内にデザイン部門ができました。1959年末のことになります」(デザイン本部・田中秀昭主幹、以下同) 

 

 この小杉氏と、イタリアのデザイン会社「ベルトーネ」が、マツダのデザインに大きな影響を与えた。

 

「その後、グラマラスなアメリカンデザインの1970年代、ヨーロピアンなデザインの1980年代を経て、『ときめきのデザイン』をコンセプトにした1990年代に入ります。線に頼らず、面の動きで、陰影を美しく表現しました」

 

 2000年代、マツダは “ワクワクする元気さ” を表現したブランドコンセプト「Zoom-Zoom」を打ち出す。そこで生まれたのが、初代アテンザなど、スポーティなスタイリングの「アスレティックデザイン」だ。そして2010年代、「魂動(こどう)デザイン」が誕生する。

 

「動きに対して “艶” と “凛” を組み合わせ、魂を入れ込むのが『魂動デザイン』です。プロポーションの黄金率やフォルミングの美しさ、さらに造形の陰影が光の反射でしっかり見える『匠塗』という塗装が、車を美しく見せています」

 

「美しさ」には、理由があるのだ。次のページでは、「マツダの100年史」を振り返る。

12

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入