最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1590号
2月9日号
1月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月25日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

親が倒れてからでは遅い「介護保険の申請」必勝ポイントは…

ライフ・マネー 投稿日:2020.03.09 20:00FLASH編集部

親が倒れてからでは遅い「介護保険の申請」必勝ポイントは…

介護保険で、介護用トイレなども活用できるように

 

【要介護認定申請の流れ】
●ステップ1/主治医を決める
 要介護認定を申請する際、意見書を書いてくれる主治医を決める必要がある。親のかかりつけの医師に連絡して、意見書を書いてもらえるかどうかを確認すべし。
 とくにかかりつけの医師がいない場合は、地域包括支援センターに相談し、手続きに慣れた医師を紹介してもらう。

 

●ステップ2/地域包括支援センターで手続きをする
 申請手続きの窓口は多くの場合、市区町村の「地域包括支援センター」となる(「高齢者総合相談センター」など自治体により名称はさまざま)。
 申請の際に持参するのは「介護保険証」「認印」「マイナンバーカードorマイナンバー通知書」「主治医の氏名がわかる診察券やメモ」。

 

●ステップ3/訪問調査を受ける
 申請後、1~2週間以内に要介護者がいる自宅や施設、病院などに調査員が来て訪問調査がおこなわれる。調査に立ち会うために、スケジュール調整を。調査後、介護認定審査会が開かれて要介護度が決まり、約1カ月で結果が郵送される。要介護度が決まった後、ケアプランを作成する。


 次のページでは、訪問調査を受ける際の「6つのコツ」を紹介する。

1234

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入