最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1588号
1/19・26合併号
1月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月25日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

親が倒れてからでは遅い「介護保険の申請」必勝ポイントは…

ライフ・マネー 投稿日:2020.03.09 20:00FLASH編集部

【訪問調査「6つのコツ」】
(1)調査の質問項目の確認
 質問は50を超える。何を聞かれるか事前に知っておかないと、肝心なことが伝えられない可能性も。事前に調べておくこと。

 

(2)介護内容、病歴のメモ
 ふだんどんな介護をしているか、介護日記があればコピーをしておく。主治医の意見書には、すべての既往歴が書かれるわけではない。過去の病気や怪我などについて、メモにまとめておく。

 

(3)「親の前で言いにくいこと」はメモ
 介護が必要な状態であることを恥と考える人も多く、調査でトラブルになることも。親の前で調査員に言いにくいことは、メモにして調査員に渡す。

 

(4)必ず家族が立ち会う
 親だけで調査を受けさせると、プライドや思い込みで、ふだんできないことを「できる」と答えてしまうことも多い。調査員からの質問だけではなく、気づいたことや、ふだんの生活で困っていることがあれば、伝えたほうがいい。

 

(5)できるだけ具体的に伝える
 ただ「足腰が弱くなった」ではなく、「洋式トイレでも手すりなしで立ち上がれない」「関節痛で膝が曲がりにくく和式トイレが使えない」など、具体的に。

 

(6)ありのままの状態を伝える
 実際の状態より、控えめに伝えてはいけない。また、要介護度を上げてもらおうとオーバーに伝えても、結局は得にはならない。現状を正確に。

 

 次のページでは、要介護申請、訪問調査でのトラブル例を紹介する。

1234

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入