最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

裏目が続き累計損失1138万円に「先物取引投資」の収支決算

ライフ・マネー 投稿日:2020.03.09 20:00FLASH編集部

裏目が続き累計損失1138万円に「先物取引投資」の収支決算

 

「長期的に安定した収入」「高利回り」「初期投資が少ない」「節税効果あり」……サラリーマン投資家、脱サラ投資家たちが、口々に語る「副業投資」のメリットは事実なのか。実態を明らかにすべく、「太陽光発電」の投資家を訪ねた。

 

 勤続10年のシステムエンジニア、さばくびとさん(ハンドルネーム、30代前半)は、先物取引やオプション取引などで、累計1137万9211円を損失。2年前には、およそ770万円の借金を抱えていた。

 

 

「サラリーマンですから、銀行のカードローンなどで簡単に借金ができますからね」

 

 先物取引とは、特定の商品を、将来の特定の日に、現時点で取り決めた価格で売買する取引のこと。オプション取引は、将来売買する「権利」を、事前に売買する取引だ。 

 

 さばくびとさんが手を出したのは、将来の日経平均株価を予測する「日経ミニ」「日経オプション」。ともに、低資金で大きな取引ができるハイリスク、ハイリターンな投資だ。

 

「2014年に始めたときは145万円の損失でしたが、2015年は67万円のプラスでした」 

 

 初年度の損失を少しは取り戻せたことから、さらに深みにハマっていった。

 

「それから、裏目の連続でした。2016年は、1月のチャイナショックでマイナス200万円、6月のブレグジットでマイナス200万円、11月のトランプ当選でマイナス200万円……。2017年は世界的な株高でしたが、逆張りして280万円の損失でした」 

 

 借金は、本業の稼ぎで返済を続け、残債は482万円になった。

 

「いまでも、先物取引は続けています。経験をムダにしたくないんです。2019年は、50万円の利益があったんですよ」

 

 目標は1億円。セミリタイアを目指し、意気軒昂だ。

 


(週刊FLASH 2020年2月18日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入