最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月30日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

肥満の理由とされる「中性脂肪」1000までは薬もいらない

ライフ・マネー 投稿日:2020.03.23 16:00FLASH編集部

肥満の理由とされる「中性脂肪」1000までは薬もいらない

イメージ

 

健康診断の数値に、とらわれる必要はありません」
 東海大学名誉教授の大櫛陽一氏は、そう断言する。

 

 大櫛氏は2004年、全国約70万人の健康診断結果から、男女別・年齢別の “正しい基準範囲” を独自に割り出した。その後も、現在まで追跡調査をおこない、多くのデータから、日本の健康診断の基準が、いかに非常識かを明らかにした。

 

 

 肥満の原因とされるのが中性脂肪。だが、現行基準を相当オーバーしても問題ない。

 

「基準値は150以上ですが、50歳から54歳なら、180でも大丈夫。1日の変動が大きいため、数値を気にする必要はありません。

 

 国際基準では、心筋梗塞などの既往症がない場合は『999以下』が正常の範囲。1000を超えるまでは、薬を飲まなくてもかまいません」

 

 神奈川県伊勢原市の2万2099人を追跡調査した結果、いちばん死亡率が低かったのが、男女とも中性脂肪値150以上。欧米では、遺伝的な高血圧症でないかぎり、1000まで薬を飲まなくていい。

 

【中性脂肪の正しい基準範囲】※現行基準/150以上で異常
・40〜44歳/13〜172
・45〜49歳/7〜194
・50〜54歳/6〜180
・55〜59歳/1〜179
・60〜64歳/20〜163
・65〜69歳/19〜161

 


おおぐしよういち
1947年生まれ 大阪府出身 「大櫛医学情報研究所」所長 2004年、日本総合健康健診医学会シンポジウムで、今回紹介した日本初の男女別・年齢別基準範囲を発表

 

※本文中の調査結果は、大櫛氏による
※年齢別の数値は、大櫛陽一著『健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック』(宝島社)より

 

(週刊FLASH 2020年2月4日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入