最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1570号
8月18日・25日合併号
8月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月28日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

借金を自己資金と勘違い…「ギャンブル依存症」51歳・会社員ライフ・マネー 投稿日:2020.03.24 16:00

借金を自己資金と勘違い…「ギャンブル依存症」51歳・会社員

Cさん

 

「IR推進法」により、日本でのカジノ誕生が、いよいよ現実味を帯びてきた。しかしその一方で、依存症などの影響を心配する声も、いまだ根強い。政府は対応策として、2020年4月から、ギャンブル依存症の治療を公的医療保険の対象にすると決めた。

 

 ギャンブル依存症には、グループで経験や現状を語り合う集団治療が有効とされる。今回、集団治療を実践している自助グループ「GA(ギャンブラーズ・アノニマス)」の参加者Cさんに、話を聞いた。

 

 

 

「高校生でパチスロにハマりました。平日は仕事が終わってから閉店まで、土日は開店から閉店まで打ち、1日に20万円の勝ち負けをしたこともあります」

 

 ドル箱が積まれ、「ほかの客が見ているのではないか」と感じ、夢中になっていった。自信のない自分が、認めてもらえる瞬間に思えたという。

 

 しかし、25歳で初めて消費者金融から借金をして以来、43歳までの借金の総額は1000万円以上になった。

 

「何度も母に肩代わりしてもらいました。『借金は自分のお金』という感覚でした。融資枠が上がるのも、貯金が増えたような気分になりました」

 

 結婚をしたが、またも借金。妻には言えず、「ばれたら離婚になる。黙っていてくれ」と、母親に口裏を合わせてもらった。

 

「妻には、47歳のときに打ち明けました。『次に借金したら離婚』と言われ、自助グループに行きました。そこで初めて自分が依存症だと気がつきました。

 

 最初に自助グループに参加したときは、どのような場所か不安でしたが、いまは週に3回参加し、ほかにSNSで何度も参加しています。ひとりになると、またギャンブルをしてしまいそうで不安になります」

 


(週刊FLASH 2020年3月17日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入