最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1570号
8月18日・25日合併号
8月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月28日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

総額数千万円の借金で離婚…「ギャンブル依存症」40歳・会社員ライフ・マネー 投稿日:2020.03.28 16:00

総額数千万円の借金で離婚…「ギャンブル依存症」40歳・会社員

Aさん

 

「IR推進法」により、日本でのカジノ誕生が、いよいよ現実味を帯びてきた。しかしその一方で、依存症などの影響を心配する声も、いまだ根強い。政府は対応策として、2020年4月から、ギャンブル依存症の治療を公的医療保険の対象にすると決めた。

 

 ギャンブル依存症には、グループで経験や現状を語り合う集団治療が有効とされる。今回、集団治療を実践している自助グループ「GA(ギャンブラーズ・アノニマス)」の参加者Aさんに、話を聞いた。

 

 

 

 競馬を始めたのは18歳。最初は小遣いの中から数千円程度のたしなみだったが、32歳のときには1日に100万円を賭けるほど、のめり込んでいた。

 

「20歳になって初めてクレジットカードを作り、『キャッシング』という名の借金をしました。そのときは少額でしたが、競馬も継続していたところ、返済できなくなり、結局は親に泣きつきました。

 

 これまで数百万円の借金を5~6回くらい、親が肩代わりをして払ってくれたと思います。総額では数千万円になります」

 

 結婚してもギャンブルはやめられなかった。数年後、妻から「これ以上、あなたとは生活が続けられない。別れたい」と言われ離婚。

 

「このころになると、さすがに自分でも『普通じゃないな』と思うようになり、34歳で自助グループに参加しました。

 

『自分は生きている価値などないのではないか』と落ち込みましたが、参加者の皆さんの回復していく体験談を聞くと勇気づけられ、自分も回復できるかもと思うようになりました。

 

 ただ、仕事のストレスが処理できなくなると、またギャンブルをしそうで、怖いです。その衝動が起きないよう、週5回は参加するようにしています」


(週刊FLASH 2020年3月17日号)

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入