最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1545号
2020年1月28日号
1月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】12月27日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

200万円で買った都内の古民家に「囲炉裏」を作ったぜ!ライフ 投稿日:2016.10.09 20:00

200万円で買った都内の古民家に「囲炉裏」を作ったぜ!

囲炉裏の幸せ感、最高!

 

 200万円で都内に古民家を購入。前回は、ようやく完成した五右衛門風呂に浸かって、しばしご満悦。しかし、山は夜になると気温が下がるので、湯冷めしそうだ。ということで、今回は「囲炉裏大作戦」を敢行することにした。

 

 まず始めにしなければならない作業は、壁と天井の新建材を撤去することだ。バールでベニヤをバリバリ引っぱがしてみると予想通り、真っ黒に煤けた柱や、古い板張りの天井が顔を出した。

 

壁と天井の新建材をすべて撤去

壁と天井の新建材をすべて撤去

 

 同時に、ものすごいホコリが舞い上がる。板の隙間はカメムシが何十匹も張り付いている。よくわからない虫の死骸が落っこちてくる。飛んできた板材がアタマに激突する。釘を踏み抜く……阿鼻叫喚である。

 

「うわっ! なんじゃこりゃあ!?!」

 

 そこで目にしたのは……はがれたベニヤの隙間から丸見えになっている、裏の石垣であった。つまりベニヤ板一枚の外側は、文字通り「外」だったのだ。どうやらかつて戸口だったところを、ベニヤの薄板でふさいだものらしい。どうりで寒いわけだ。

 

「仕方ないから適当な板でも張りつけておくか」

 

 実は人力山荘の居間には「掘りゴタツ」がしつらえてある。かつては囲炉裏だったものだろう。今回は、これを復活させようという魂胆なのである。

 

 ところで囲炉裏といえば、なにはともあれ「自在鉤」。これがないと話にならない。立川の骨董品店には、ありとあらゆる古民具が並んでいた。

 

 自在鉤もいくつかあった。お値段は一万円以上の高級品から4000~5000円まで。さて、どれにしようか。やはり「サカナ」(「木鯛(きだい)」というらしい)が一番、立派なヤツだろう。というわけで自在鉤をお買い上げ。さらに銅製の、いい具合にクタビレタ鉄瓶と五徳のセットを購入。ついでにタダ同然で木灰もいただいた。

 

ゲットした自在鉤

ゲットした自在鉤

 

 材料が揃ったところで、掘りゴタツをひっくり返してみる。内側はコンクリで固めてあり、このままでも使えるが、掃除などを考えるとトタン板で内張りした方がよさそうだ。

 

 そこでガルバリウム鋼板を買ってきて、炉の大きさにあわせて組み立てることにした。炉の寸法より2cm小さく設計して、要所に穴を開け、ボルトで留めて一応、完成である。

 

ガルバリウム鋼板を加工中

ガルバリウム鋼板を加工中

 

 さて、はめ込んでみるか。

 

中山「……入るといいなあ」

 

 そしてハメ込んでみると、案の定、入らないのである。炉の寸法は77cm四方だ。内張は75cmなので入らないハズがない。おかしいなあ……タテヨコ変えてみるか。そしてもう一度入れ直すと……。

 

「……あ、入った」

 

 なんとすっぽりと収まったのであった。おそらく炉の大きさが正方形じゃなかったに違いない。

 

 さて、この中に木灰を流し込むわけだが、ウチで出た灰と骨董品店にもらったのを加えても、ぜんぜん足りないのだ。そこで「かさ上げ」する必要がある。ネット情報では園芸用の軽石を敷いて、その上に灰を載せるといいらしい。ということで、まず軽石を流し込んだ。

 

軽石を流し込んでかさ上げ

軽石を流し込んでかさ上げ

 

 そして次に、フルイをかけてゴミを取り除いた木灰を入れていく。これで七分目くらいまでカサが上がった。灰を均して五徳と鉄瓶を載せ、火ばしを差し込んでみる。

 

 おお。囲炉裏だ。「マンガ日本昔話」だ。

 

 しかしまだ足りないものがある。そう。自在鉤だ。これを設置するには、天井に穴を開けて梁から吊す必要がある。そこでドリルで天井板に穴を開けクサリを梁に渡す。そして自在鉤にもクサリを通す……んだが、なかなか通らない。悪戦苦闘しているうちに、「バキッ」という音が。

 

「ああっ! 折れた!」

 

 なんと自在鉤の、木製の「鉤」の部分が折れてしまったのだ。なんということだ。

 

「4000円もしたのに……(涙)」

 

 まあ、ナベは五徳に載せるしかあるまい。自在鉤は飾りってことで我慢するしかない。

 

錆びたナベも……

錆びたナベも……

磨けばこんなにきれいに!なんだか得した気分

磨けばこんなにきれいに!なんだか得した気分


 
 最後に「炉縁」(ろふち)づくりだ。「炉縁」とは、囲炉裏の四辺を囲っている板材のこと。ホームセンターで見つけたスギの一枚板を四枚に切り出し、炉の四方を囲うことにした。

 

 炉縁の木材は、炭火の熱でソリやネジレが発生しやすいので、本来、ケヤキなどの硬い材木を使うんだが、予算の関係でスギになった。

 

手に入れたスギを加工することに

手に入れたスギを加工することに

 

 本当は建具師なみの、非常に緻密な大工仕事が必要なんだが、まあそのへんは高さだけ揃えて並べるだけの「なんちゃって炉縁」にすることにした。

 

 4枚に切り出した板材に、炉縁に合わせて切りこみを入れる。そしてカンナがけ。さらにサンダで仕上げ、その上に天然防腐剤の「柿渋」を塗り込む。柿渋はギンナンのニオイに似て、少々クサイが、板が赤味を帯びた独特の風合いになった。

 

 これを囲炉裏端に並べてみる。細工がマズイせいで段差ができてしまい、ピッタリとはいかないが、遠くから見ると、それなりの貫禄である。

 

貫禄のある囲炉裏に

貫禄のある囲炉裏に

 

 最後にスポットライトを設置して、電気をつけると……。

 

「おお! すばらしい! 見違えるようだ! カッコイイ!」

 

 こうして「囲炉裏大作戦」は大団円のうちに終わったのであった。

 

囲炉裏が貫禄あるが、まだ裸電球なのが残念

囲炉裏は貫禄あるが、まだ裸電球なのが残念

 

【今月かかったお金】

 今回は懸案だった電動カンナを購入。炉縁用の材木には、ケヤキやタモなどの堅材がよかったんだが、一枚一万円以上もして手が出なかった。

ガルバリウム鋼板×2   2600円
自在鉤         4000円
銅製瓶         3000円
五徳          500円
木灰          500円
軽石60リットル     2400円
炉縁用スギ材      5000円
柿渋(天然防腐液)   1200円
ゴザ          1400円
電動カンナ       7800円
スポットライト     8000円

合計          36400円

 

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入