最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1603号
5月25日号
5月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月11日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

空前のブームで判明「猫の値段」はどうやって決まるのか?

ライフ 投稿日:2017.06.25 06:00FLASH編集部

空前のブームで判明「猫の値段」はどうやって決まるのか?

『スコティッシュフォールドの子猫』

 

 6月21日の日本経済新聞が「ネコノミクス」という言葉を取り上げ、空前の高級子猫ブームが来ていると報じた。

 

 いざペットショップ店のホームページをのぞくと、ペルシャ40万円、アメリカンショートヘア50万円、スコテッィシュフォールド70万円……高級猫のオンパレードだ。

 

「ここ2~3年、どの猫も値上がりしています。うちだけでなくショップ業界全体で価格が上がっています」(都内ペットショップ店員)

 

 あまりにも手の届かない高級猫の値段を見て、単純な疑問が湧く。はたして猫の値段はどのように決まるのか。

 

「猫には品種ごとにそれぞれ“スタンダード”があります。そこから大まかな値段を判断します。それに加えて、お店で独自に見た目から判断する場合もある」(同上)

 

 この聞きなれない言葉「スタンダード」とは何か。
 日本でキャットショーを主催するCFA JAPAN REGIONの前田実さんに話を聞いた。

 

「『スタンダード』とは、その品種における猫の理想的な形を指します。毛の色、長さ、毛並み、手足の長さ、目の形、尻尾の形、肉球、ヒゲの角度など細かく定められています。猫の美しさを審査するキャットショーでは、これが審査の基準となり『スタンダード』に近ければ近いほどいい猫とされます」

 

 自身もブリーダーである前田さんによると、最近こんな相談があったという。

 

「お店で数十万円出して買った猫がキャットショーで全然評価されなかった」

 

 一体どういうことか。

 

「ブリーダーはいい猫ほど自分でコンテストに出したり、顧客へ直売したりするので、必然的に店へ販売するものは残り物ばかりとなる。ペットショップではいい猫を見たことがありませんね」

 

 値段に関しても不透明な部分が多いという。

 

「猫の値段はお店が決めています。たとえば、ブリーダーが10万円とする猫を、店側は維持費や保険料を上乗せし、30万円で売る。ブリーダーがオークションなどへ出品した価値の低い猫を、ペットショップが高額な値段で販売することもあります」

 

 では、どうすればいいのか。

 

「猫を買う側が勉強することです。たとえばキャットショーへ足を運ぶ。賞をとった猫を間近で見て、自分の目を養うしかありません」

 

 安易なペットブームに乗って騙されないようにしたいものだ。

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入