最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1540号
12月17日号
12月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

ふるさと納税「総務省の自粛要請」で廃止されそうな逸品マネー 投稿日:2016.06.02 18:32

ふるさと納税「総務省の自粛要請」で廃止されそうな逸品

兵庫県加古川市では500万円の寄付で牛1頭など驚きの返礼品が

 

 

「ふるさと納税 偏る恩恵」――。

 

 4月13日付の「朝日新聞」(東京版)は、ふるさと納税の黒字が、上位の自治体に集中していると報じた。

 

 寄付額を増やすため、ラインナップを充実させたり、還元率(寄付金額に対して、どれくらいの価値がある返礼品がもらえるか)を高めたり。さながら自治体による〝返礼品合戦〞の様相を呈している。

 

 その結果、転売目的で寄付し、ネットオークションに出品する不届き者も現われる始末だ。4月1日、業を煮やした総務省は、返礼品自粛を要請する通知を発令した。いわく、

 

①プリペイドカードや商品券など「金銭類似性の高いもの」

②電気・電子機器や貴金属、ゴルフ用品など「資産性の高いもの」

③寄付額に対し、「返戻割合(還元率)の高い品」

 

 を送付しないように、というのだ。

 

 総務省の担当者は「通知には強制力はなく、罰則もない」と言うが、これには多くの自治体が震え上がった。

 

「3月から還元率を7割から6割に減らし、これまで無制限だった感謝券への寄付額の上限を10万円に減額。現在、券には『転売禁止』と印字しています」

 こう説明するのは、商品券と同様に使える「感謝券」が人気で、昨年は約18億円の寄付金を集めた千葉県大多喜町。長野県飯山市も「マウスコンピュータ製のPCの取り扱いを中止しました」と残念がる。

 

 このように、「おトクすぎる」と支持されていた商品券や家電、PCなどの返礼品が続々と廃止・縮小されているのだ。

 

 ふるさと納税の達人・金森重樹氏は総務省の対応をこう批判する。

 

「自治体間の競争があったから今のブームがある。国に箸の上げ下ろしまで規制されるなら、地方自治なんかやめてしまえということになる。還元率がこれ以上下がれば、寄付は減りますよ」

 

 それでもまだ、千葉県勝浦市の「かつうら七福感謝券」のように高い返戻率のものがある。また、岡山県備前市では家電商品、兵庫県三木市ではゴルフ関連の商品がもらえる。

 

 返戻率の高い自治体に話を聞くと、たんに寄付金欲しさでラインナップしているわけではない、と口をそろえる。

 

「農水産物だけだと、特定の事業者にしか恩恵がいかない。町の電気店や自転車店などにも恩恵があるように、返礼品として採用した」(岡山県備前市)

 

「三木市は市内に25カ所のゴルフ場がある。のこぎりなど金物の技術を生かしてゴルフクラブも製造している。一方的にゴルフ用品はダメというのはおかしい」(兵庫県三木市)

 

 また、茨城県日立市や長野県伊那市、大阪府大東市などの有名メーカーの「企業城下町」は、製品を地元の「特産品」だとし、継続の姿勢だ。

 

 自治体が返戻率を下げる前に、いますぐ申し込もう。

 

(週刊FLASH 2016年5月3日号)

【関連記事】

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入