最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1534号
11月5日号
10月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第26弾】9月27日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

100人の女性に聞いた「出会い系アプリ」でモテモテになる方法夜バナ 2016.09.09

100人の女性に聞いた「出会い系アプリ」でモテモテになる方法

写真:アフロスポーツ/アフロ

 

 All About・デートガイドの本井優氏はアプリで出会いに対する女性の抵抗感が少なくなっているという。

 

「『マッチング』という言葉が『出会い系』の持つ負のイメージを払拭しました。実生活をうかがい知ることのできるFacebookと連動するものが多いことも女性に安心感を与えています。そのようなアプリの拡大で、積極的に出会おうという状況にもなるかもしれない」

 

 本誌が100人の女性に聞いたところ、「アプリを使ったことがある」と答えた女性63人のうち「実際に会ったことがある」のは41人もいた。なかには「SEXまでした」という人も10人。お相手について尋ねると「48歳の大工さん。筋肉に惚れてしまって……。見た目どおりSEXも激しかった」(28歳女性)という声も。

 

 また、「同い年ぐらいの男のコと会うときは割り勘が多いけど、40代の人と会ったときは先にお会計をすませてくれて、大人な男性の魅力にときめいた」(23歳女性)という声もあり、若い女性たちはふだんは出会えないさまざまな人に出会えることに魅力を感じているようだ。

 

 一方で、本井氏は「若い女のコには出会うことより、その場が盛り上がって、楽しめることを大切にしている人も多くなってきた」と解説する。男女としてのつき合いだけでなく、楽しく過ごすことのできる人々と時間をともにしたいという需要をくみ取ろうと、アプリも多種多様に増えている。

 

 今回の調査で、女性が使っているアプリ第1位に輝いたのが、世界的に人気沸騰中の「Tinder」である。基本的には無料で出会えるが、課金で「LIKE」の回数制限を解くことができる。登録にはFacebookのアカウントが不可欠。

 

 本井氏によると「友達が欲しい! という気軽な感じや暇つぶし感覚で20代の女性を中心に広く利用されている」とのことだ。

 

 現在の位置情報から、たったいま近くにいる人を表示してくれて、写真を見るだけで「LIKE」(いいね!)と「NOPE」(うーん…)に振り分けていくという単純なもの。

 

 互いに「LIKE」を選んで初めて相手とメッセージを送ることができるいう安全性が、女性にとっては安心できるところ。

 

 直感的な操作のTinderでは写真はなによりも重要である。そして、「実際に会って、話した後でもプロフィル写真の印象は影響する」(本井氏)といわれており、たとえば優しそうな写真を見ていれば、その後もこちらを「優しい人」と思ってくれることがある。

 

 じつはTinderでは複数枚の写真の使用が可能。仲間との写真や趣味の写真など、いかに自分が多趣味で魅力的かという要素を盛り込むことができるかで、マッチングの成功につながる。

 

 第2位は35人が使っていた「タップル誕生」。

 

 基本的にはTinderと変わらないが、特徴的なのは、豊富な趣味カテゴリーから任意で異性の候補を絞ることができる点。

 

「若いコになるほど彼氏とはいわなくても友達が欲しいというコが増えてきている。共通の趣味を持つ相手を見つけることができるのは需要に合っているのかもしれません」(本井氏)。

 

 また、そのような相手なら実際に会ったときにも話題に困ることが少ないことからも、このアプリの相互マッチング率の高さは評判。

 

「タップル誕生」には自分が選んだカテゴリー別に質問項目が用意されている。この点を細かく見て、相手との気が合う点を探っている女子も多いので、面倒くさがらずに書くことが重要なポイントである。

 

 第3位は32人が使っていた「Matchbook」となった。こちらはほかのアプリに比べ、詳細なプロフィルを設定・検索できる。「職種」「年収」から「初回デート費用(をどれくらい払うか)」という項目もある。
 

 じつは女性たちはこの詳細なプロフィルをよく見ている。Matchbookには女性側にも課金の仕組みがあり「本気で出会いたいほど、相手の条件を気にする」(本井氏)ので、気を抜いてはいけない。

 

 また、ご飯代を浮かそうと考える女性も多く、「初回デート費用」などを強気で書くと出会えるチャンスは増えてくるが、自分を偽りすぎると後々負担となるので要注意だ。
 

 なお、最近、支持が目立つようになってきたのが「グルメ系アプリ」。今までの合コン色が強いものではなく、楽しく食事をすることを売りにしているので女性が気軽に参加しやすい。

 

 たとえば、以下のようなものだ。

 

●JOIN US
「今夜をもっと楽しくする」が売り文句で、気軽に飲み相手を探すことができる。同性交流も多い。入会審査は厳しいので、注意が必要

 

●aiseki
 相席屋が運営。共通のお気に入りの店がある相手とつながれる。デートに誘うときにお店が指定できるなど食の趣向を重視したシステム

 

●肉会
 女性会員に焼き肉をおごるというもの。男女ともにFacebookの友達とペアを組んでの参加が必須なので、ペア相手選びがポイント

 

 新たな出会いを作るためにも、これらのアプリを見逃さずにいてもらいたい。

(週刊FLASH 2016年8月30日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入