最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1534号
11月5日号
10月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第26弾】9月27日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

1300年前の『風土記』にも日本人の混浴が記されていた!夜バナ 2016.09.25

1300年前の『風土記』にも日本人の混浴が記されていた!

写真:AFLO

 

「なんて野蛮な奴らなんだ!!」

 1853年、下田の地を初めて踏んだペリーは、日本人の混浴姿を目のあたりにして、そう呟いたに違いない。

 

 彼が帰国後に書いた『日本遠征記』には「男も女も赤裸々の裸体をなんとも思わず、互いに入り乱れて混浴している」と驚きを記している。しかし日本では、古来から男女一緒の入浴が当たり前だったのだから、仕方がない。

 

 1300年も前の『出雲風土記』では、老若男女が川辺に湧き出す湯につかり、景色を楽しみ、万病を癒やし、『神の湯』と呼んだと紹介している。

 

 動物が温泉につかるのを真似て、好奇心旺盛な日本人は湯につかり、体にいいことを知り、「湯治」が始まる。

 

 やがて人々は石で湯船を造り、東屋(あずまや)を建て、人も集まり温泉街なるものが生まれる。

 

 一方、江戸幕府開幕と同時に、大坂を発祥地とする湯屋(銭湯の原型)が普及しはじめるが、ここでも「入り込み湯」「打ち込み湯」と呼ばれる混浴が当たり前。日本で初めて混浴が規制されるのは寛政の改革時(1791年)である。

 

 しかし庶民はあまりこれを相手にしなかったようだ。その後のペリー来航も、日本の混浴史において影響はない。日本において男女別々の入浴習慣が本格化するのは、明治になってからである。

 

 明治5年(1872年)の取り締まりを皮切りに、明治12年に東京府が混浴を禁じ、明治23年には警視庁令で禁止。明治33年には内務省令で禁止した。

 

 明治生まれの作家・井上靖が、幼少時の淡い思い出を綴った『しろばんば』には、次のように混浴が描かれる。

 

《洪作たちは共同湯に着くと、われ先にと真っ裸になり、思い思いに浴槽に飛び込んで、湯の飛沫を上げて暴れた。(中略)さき子の白い豊満な裸体が湯しぶきの間から眩しく見えた》

 

 各家に風呂も普及しはじめ、徐々に徐々に、混浴というスタイルは日本人の記憶の彼方へ。そして大正、昭和と時代は駆けていく。

 

 昭和23年(1948年)の法令により、銭湯や共同浴場は男女別々に。地方にある一部の混浴温泉や共同浴場だけ残して、混浴は姿を消した。

 

 江戸時代には温泉番付が出回り、湯治のかたわら、観光を楽しむ人も増えた。いまこそ美女探しを兼ねて、混浴の旅に出たいものだ。

(週刊FLASH 2013年2月12日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入