最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

精子先生「射精回数が多いほうが前立腺ガンになりにくい」夜バナ 投稿日:2017.01.14 20:00

精子先生「射精回数が多いほうが前立腺ガンになりにくい」

 

「性機能障害には勃起障害と射精障害があり、勃起障害はED治療薬でほぼ解決します。むしろ、セックスでイクことができない射精障害のほうが問題。原因の多くは、床や布団にこすりつける『床オナ』など、間違ったオナニーにあります」

 

 そう語るのは、獨協医科大学越谷病院の小堀善友講師。「精子先生」と呼ばれる、男性の性機能障害治療のスペシャリストだ。

 

“正しいオナニー”を身につけてもらうため、小堀講師が導入したのが、オナニーグッズの「TENGA」。ハード、スタンダード、ソフトと締めつけ感の違うタイプを段階的に使い、射精をトレーニングするのだ。

 

「学会で発表したら大ウケでしたが(笑)、射精障害の治療に有効だと確信しています」

 

seishi_sensei_2

 

 それが縁で、TENGAと共同開発したのが、2016年4月に発売した「TENGAメンズルーペ」。直径0.8mmの550倍球形レンズをスマホのカメラ部分に装着、精液をスポイトで垂らすと、精子を簡単に観察できるのだ。

 

「現在は、精子の量や運動量を判定するアプリを開発中で、不妊治療を受診するきっかけになればと期待しています。中高年の男性にとっても、精子は健康のバロメーター。射精する回数が多いほうが前立腺ガンになりにくいというデータもありますから」

 

 小堀氏らのスマホを使った精液検査は、2016年4月の日本性機能学会総会の総会賞、5月の米サンディエゴでの泌尿器科学会でベストポスター賞を受賞。世界が注目しているテーマなのだ。

 

「これ、先ほど採集した精液です。もちろん、私のものですよ(笑)」

 

 精子力を鍛えるには、規則正しい生活がいちばんだと言う小堀氏。さすが男4人の子を持つだけあって、精子はピチピチと元気に泳いでいた。

(週刊FLASH 2016年12月27日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入