最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

女子大生が「進化系ハプニングバー」で大人の社交術を学ぶ夜バナ 投稿日:2018.06.20 20:00

女子大生が「進化系ハプニングバー」で大人の社交術を学ぶ

 

 コスプレで露出の限界を追究したり、大学の授業でセックスワークを調査したり……。いま、性文化に真面目に取り組む女子大生が増えている。

 

ハプニングバーと聞くと、店に入ったとたん、見知らぬ男女がイチャイチャしはじめる怪しげな場所をイメージするかもしれません。しかし、うちはそういう店を目指してはいません」  

 

 今回訪れた「No,Where」は和やかに会話を楽しむ場所だ。インターホンを押すと、店主の国久満氏がにこやかに迎えてくれた。

 

 お客となったのは、「ふだんは真面目キャラです。でもプライベートでは、はっちゃけたいです」と語る、ハプバー初体験の女子大生・野口靖子さん(22・仮名)。最初はちょっと緊張気味だが、気づいた国久氏が、常連たちのテーブルにいざなってくれた。

 

 平日の20時という早めの時間帯にもかかわらず、男性5人、女性7人ほどの客入り。男性の年齢層は40代から50代と高めだが、女性は比較的若い。さっそく露出度高めのお姉さんが、野口さんに話しかけてきた。

 

――このバイブをあの人(なぜかTバック姿の紳士)のお尻に挿しちゃえば」

 

「え、男の人に入るんですか?」

 

――男の攻め方も知らないの? かわいいね〜!」

 

 ここで、向かいの初老の男性が、会話に乱入してきた。

 

「君、手でやってあげるときは、先っちょを手で包み込んで真空にすると気持ちいいんだよ〜」  

 

 財務次官が言えば辞職ものだが、店内は一同爆笑。

 

「ここは男女ともに性癖を打ち明け合う場所。みんな本名も、住んでいる場所も知りません。そういうものから解放されて、自分をさらけ出すことができるんです」(国久氏)

 

 ドリンク以外にも差し入れのケーキが振る舞われ、楽しくエロトークを楽しんでいると、あっという間に体験の1時間は終わった。野口さんの感想は?

 

「今の大学生って、SEXしていることはしているんですが、学生同士とか、近場ばかり。受け身なんです。ここは性に対するごまかしがなく、自由に語っていい場だと思いました。救われる人がたくさんいると思います!」

 

(週刊FLASH 2018年6月5日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入