最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1496号
12月25日号
12月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第16弾】11月23日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

結婚17年の夫婦が「ノンセックスレス」の秘密を打ち明ける夜バナ 2018.12.06

 

 コック歴30年以上になる相川亮平さん(50・仮名)は、夫婦のセックスレス解消法について、独自の論を持っている。

 

「世の中には二種類の男がいる。妻が他人に抱かれると思うだけで怒る男。そう思うとかえって興奮する男。興奮は怒りの先にあって、じつに奥深いんです」

 

 奥さんの果歩さん(仮名)は6つ下の44歳で、ぱっと見はまだ20代後半に見える。結婚生活は17年。高1を筆頭に4人の男の子の親でもある。

 

 亮平さんは3度めの結婚だが、果歩さんは初婚。果歩さんが勤めているキャバクラに、亮平さんが客として訪れ、出会った。

 

「飽きないようにともかく工夫してますよ。露出プレイや、デリヘルや出張ホストを呼んでの3Pもします。相性の合ったデリヘル嬢をあらためて家に呼び、家族揃って食事をしたこともありました」

 

 妻の果歩さんは笑いながら「そんなとき、主人はそのコに『一緒に住もう』なんて言い出すんですよ」と言う。実現すればまさに山崎豊子の『華麗なる一族』の世界だ。

 

 しかし、小説の主人公・万俵大介の強引さがそこにはない。相川夫妻はなんともほのぼのとしている。

 

「不倫はアリバイ工作や言い訳で、時間も神経もすり減らします。そんなだったら、堂々と認めさせる。その代わり、お前も自由にしろと、妻にも愛人にも言います」(亮平さん)

 

 ベッドの上で率直に自分の要求を伝えれば、徐々に受け入れられる。亮平さんは、そう楽天的に考える。

 

「ただ交尾して終わりじゃ、動物と一緒じゃないですか。人間なんだから『プレイ』しないと」

 

 果歩さんの結婚前の男性経験は10人ほど。アブノーマルなプレイの経験はなかった。道徳観にとらわれず性の冒険を重ねる、相川夫妻の懐はとことん広い。


取材・文/鈴木隆祐

 

(週刊FLASH 2018年12月4日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年秋号
10月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月26日発売
表紙:与田祐希

詳細・購入