最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

女医が教える「医学書エロスの世界」処女膜は薄い膜ではない

夜バナ 投稿日:2019.03.09 20:00FLASH編集部

女医が教える「医学書エロスの世界」処女膜は薄い膜ではない

 

 医療関係者だけが読んでいる高額な医学専門書には、脚色のない真実の「性知識」があった。専門用語から香り立つ「性の奥深さ」を、東京都内の大学病院婦人科に勤務する、高橋怜奈医師の解説を交え、紹介する。

 

●専門書:
『アトラスでみる外陰部疾患 プライベートパーツの診かた』(学研メディカル秀潤社)
尾上泰彦(宮本町中央診療所院長)著
定価1万8000円(税別)

 

 高橋医師は同著について、こう語る。

 

「外陰部の疾患がカラー写真で明確に示されているため、外来を始めたばかりの若手医師の参考になります。

 

 もし一般の方が本書を読めば、『性感染症に罹りたくない』という意識が高まるはずです。また、私は婦人科医なので、ふだん見ない男性器の症例も載っていて、興味深いですね」

 

 男性の写写丸が読んでも、たしかに興味深い。たとえば、「処女膜」についてのセクション。

 

《あたかも1枚の薄い膜が存在しているかのような印象を持つ患者がいる》と、びらん状の、白くただれた処女膜写真を掲載。なかなかショッキングなビジュアルだ。

 

 現在増加中の梅毒の症例も充実。《5週間前にソープランドへ》《3週間前にピンクサロンにてオーラルセックスを受けていた》と、罹患した男性器を掲載している。

 

 見ると、股間が縮み上がること必至だ。

 

●一般向け役立ち度:★★★☆☆

 


(週刊FLASH 2019年3月5日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入