最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1515号
6月4日号
5月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第21弾】4月30日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

あるいは隣の奥さんも「ホットワイフ体験談」晴海の場合夜バナ 2019.03.14

 

「ホットワイフ」とは、ネトラレ願望のある人妻のこと。海外では、その目印として「H・W」のアクセサリーをつけることがブームだという。そしていま、性生活にも流行にも敏感な日本の人妻に、「H・W」の密かなブームが息づいている−−。

 

 専業主婦の晴海さん(32、仮名)は、初級ホットワイフだ。結婚10年めの旦那さま(39)は保険代理店勤務で、10歳になる双子の子供がいる。 

 

「大学生のとき、男の子と女の子の双子ちゃんを産みました。30代になってようやく自分の時間が持てるようになり、英会話のグループレッスンに行ってみることにしたんです。

 

 その生徒のなかの1人が、『外国人女性をナンパしたい』と自己紹介し、まわりを笑わせていた瀬尾さん(仮名)でした。

 

 何度めかのレッスンのあと、みんなでお茶をしているとき、瀬尾さんが『最近気になってる女性が、「H・W」のアクセサリーをつけてて驚いた』と言っていました。話を聞いているうちに、ネトラレ願望のある女性が身につけるものだと知りました。

 

 私、旧姓が『渡辺(仮名)』なので、『イニシャルのアクセつけてたら、そういう意味になっちゃうね』とイジられていたんですけど、こんなエッチな話をするのが初めてで、少し興味を持ってしまったんです。

 

 そういう言い訳もできるしと、好奇心で『H・W』のアクセサリーを購入し、足首につけて外出するようになりました。でも、まだその言葉自体を知らない人が多いからか、声をかけられることはなかったんです。

 

 ある日のレッスンで瀬尾さんと一緒になって、アクセサリーを見せると、かなりびっくりしていました。最初は笑っていたんですけど、流れで『よかったら俺と……』と言われ、私もずっと欲求不満だったせいか、近くの渋谷のホテルに行きました。

 

 ラブホテルも、10年以上前に2回くらい行ったことがあるだけなので、ドキドキして。

 

 部屋に入って、そのままキスをして、全身愛撫されて、何度も『きれいだよ』と言ってくれる瀬尾さん。それが嬉しくて。終わってシャワーを一緒に浴びていると、彼のが大きくなって、そのままお風呂場で、立って後ろからしました。

 

 いまも、外出のときは『H・W』のアクセサリーをつけています。少し期待しながら……」

 

(週刊FLASH 2019年3月12日号)

【関連記事】

・女医が教える「医学書エロスの世界」女性も自慰をして鍛えよ

・女医が教える「医学書エロスの世界」8330人の女性器の本も

・女医が教える「医学書エロスの世界」処女膜は薄い膜ではない

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入