最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1530号
10月1日号
9月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第25弾】8月30日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

加納典明、逮捕劇の裏話「検事からヘアの撮り方を学んだ」夜バナ 2019.05.22

 

 昭和のヌードには、どこか「悲壮な覚悟」が漂っていた。ところが平成になると、一流女優、アイドルまでもが明るく裸身を見せるようになった。初期にバブルが崩壊し、閉塞感があった「平成」の30年間において、ヘアヌードはつかの間の癒しだった。

 

「ヘアヌードブーム」を牽引した代表的な写真家の一人が、加納典明氏だ。すべての写真を撮影した『月刊ザ・テンメイ』は、1993(平成5)年4月号から、24冊を刊行。各号60万~80万部だったので、約1500万部以上の売り上げを記録したことになる。

 

「創刊号は中島宏海、2号めは白都真理……。最初のころは名のある女優がモデルだったんだよ。だけど、おっぱいと尻をしっかり写せれば、名前や顔は関係ないことに気づいた(笑)。

 

 それで、素人やAVのコがメインになっていったんだけれど、そのほうが自由度が高いから、過激な写真を遠慮なく撮れたんだ。それが、成功した理由だと思う。自分でも『ヌケる写真を撮れた』と手応えがあったしね」

 

 ただ、過激化する同誌を、警察は見逃さなかった。1994(平成6)年9月号に「女性器そのものに焦点が合っている」と警告。
ところが、12月発行の総集編写真集『きクぜ!2』にさらに過激な写真を掲載したことで、翌年1月に「わいせつ図画販売容疑」で摘発され、2月に加納氏は逮捕されてしまったのだ。

 

「摘発されたとき開いた記者会見では、徹底抗戦を宣言したんだ。だけど、いざ逮捕されたら、版元の社長やデザイナーに、『社員や家族のために、今回は堪忍してくれ』と泣きつかれた。

 

 わいせつ図画販売容疑だったけど、俺は撮影したフィルムを全部、版元に渡していて、選んでいなかった。それで、2人は主犯だと脅されていた。

 

 大見得切った手前、非を認めるのは男が立たないが、そのときは『仲間を守ろう』と思った。いま考えると、人生の大間違いだった」  

 

 略式起訴で、罰金50万円。だが、取調べで明らかになったことがあった。

 

「最後の日、検事が医学書のイラストで説明してくれたんだ。ヘアはぜんぜんOK。恥丘の盛り上がり、土手の中央あたりから肛門を楕円で囲って、そこがダメだという。そうとわかって、撮りやすくなったところもあったね。

 

 そのことで、『俺が警察からヘアの “お墨付き” を得た』と言われることもあるけど、『いや、あれは検閲ではなかったか?』と、いまも考えているよ」

 

 2017年には映画コメンテーターでタレントのLiLiCoのヘアヌード写真集を撮影し、その後も過激な撮影をおこなう加納氏。ヘアヌードへの情熱は、まだまだ続く。


かのうてんめい 
1942年生まれ 名古屋市出身 1967年に「平凡パンチ」のヌードグラビアでデビュー。以後、写真界の第一線で活躍。4月には銀座弥栄画廊にて個展「ピンクの犬」を開催した。また、同作品を六本木ミッドタウン21_21 DESIGN SIGHTにて開催中の「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」に出品中(6月30日まで) 

 

(週刊FLASH 2019年5月7・14・21日合併号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月19日発売
表紙:山下美月

詳細・購入