最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

伝説のAV女優・大沢佑香「私、このシーンで本当にイキました」夜バナ 投稿日:2019.05.25 20:00

伝説のAV女優・大沢佑香「私、このシーンで本当にイキました」

 

 いつの時代も、ボクたちのハートをがっちりつかんで離さないAV。作り話とわかっていても、「もしかして本気なのでは?」と思ってしまうのが男の悲しい性だ。しかし、女優たちも、つねに演技ではなかった。なかには、思わず本気になってしまった作品も……。

 

 伝説の人気女優・大沢佑香に、そんな「心に残る名作」について聞いた!

 

「私が今でも覚えているのは、上下同時Hですね」  

 

「晶エリー」「新井エリー」など複数の名前を持ち、400本以上の出演作品数を誇る大沢は、そう力強く即答した。可憐なルックスながら、お尻から汚物モノまで「NGなしのなんでもあり」を貫いた彼女は、そのシーンまで鮮明に記憶していた。

 

「全編を通して、上下同時にされる内容でしたが、なかでも2回めの絡みは、失神するほど感じました。

 

 よく『締まる』と言いますが、上下同時のときは、どちらもなるべく力を抜くんです。その状態で得られる快感は、なんというか『痛み』を超越して、フワフワと空を飛んでいるような感覚なんです」

 

 当時の快感が忘れられないのか「正直な話、復帰も考えています」とのことだ。

 

【本人が振り返る『究極サンドイッチFUCKスペシャル 大沢佑香』の名シーン】
●6分37秒
 全編にわたって、上下から徹底的に攻められる。「現役時代は頑張りすぎた」と反省するほど

 

●75分20秒
 この時間から始まるのが、2発めのHシーン。「ここでの上下同時で、全身の力が抜けて、歴代でもっとも感じたHでした」。


おおさわゆか
2005年「大沢佑香」名義でデビュー。改名を繰り返しながら400本以上の作品に出演。現在は写真家としても活躍

 

(増刊FLASH DIAMOND 2019年5月30日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入