最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1520号
7月9日号
6月25日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第22弾】5月31日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

倉田真由美が語る「万葉集」いつの時代も女はイケメンが好き夜バナ 2019.06.03

 

 新元号「令和」の典拠になった『万葉集』が、密かにブームになっている。じつはこの和歌集、古文の授業が苦手だったアナタも驚きの、性描写が満載だった。万葉集を愛してやまない、漫画家の倉田真由美氏と作家の片山恭一氏が、その魅力を語ってくれた。

 

 倉田氏のお気に入りは次の一首だ。

 

《うまし物 いづくも飽かじを 坂門らが 角のふくれに しぐひあひにけむ》(巻十六・3821児部女王)

 

「大意としては、『素敵なイケメンは飽きることがないのに、坂門氏の娘は、身分卑しくデブでブサイクな男と一夜をともにしたのだろう』。下世話ですけれど、いまも変わらない女性の気持ちが表われていると思っていました。

 

 それで、10年ほど前、NHKの『日めくり万葉集』という番組でも紹介したんですが、今回、あらためてネットで調べてみたら……。『角のふくれ』って、立派な男性器、女性用性具を意味するらしいんです(笑)。

 

 それが正しいかどうかはわかりませんが、そんな倒錯的な解釈だってできることは、素晴らしいと思う。

 

 それに浮気をしてしまったり、それを非難してみたり、大昔も同じ。千何百年たっても、意外と女性は変わっていないんだと感慨深いものがあります」

 

 一方、321万部のベストセラー『世界の中心で、愛をさけぶ』で知られる片山氏が文学を目指した原点は、高校時代に『万葉集』にふれたことにあったという。

 

「性愛観や死生観は、1000年や2000年で心の深層の部分では変わるものではないと思うんです。大切な人の死を悲しみ悼む心情は、万葉の時代も現代も、それほど変わりません。

 

 あるいは『魂』のように、生死を超えたものを信じたいという心情も、このAIの時代にも息づいていますからね。

 

 自分自身、小説を書きだしてから、『自分の作品には、死の問題がいつも出てくるな』と気がついた。最初は無意識でしたが、いまから考えると『万葉集』などで培われた、人の死に対する感受性みたいなものが、影響していたのかもしれません」 

 

イラスト・鈴木淳子

 

(週刊FLASH 2019年5月28日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年初夏号
5月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入