最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1520号
7月9日号
6月25日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第22弾】5月31日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

机から性器、時間止め…AV界の鬼才はサラリーマン監督夜バナ 2019.06.10

自身でエキストラも務める木村監督

 

 いまAV界では、ひとりの鬼才がヒット作を連発している。その人物こそ、SODに所属する「サラリーマン監督」の木村真也氏だ。

 

 時間を止めて襲ったり、日常に性交が溶け込んでいる風景を描写したり……その独創的なアイデアで、「SOD AWARD 2019」では、優秀監督、配信売上部門、レンタル売上部門で3冠を手にした。

 

 AV愛は大学時代に育った。

 

「かなり好きで、DVDを買うかレンタルでよく観てましたね。SODの『アクメ自転車』『500人SEX』などのシリーズものが好きでした。カンパニー松尾監督にも憧れていました」(木村監督、以下同)

 

「シネフィル」のようにAVを学んでいた部分もあったという。 

 

「かなり真面目にAVを観てました。昔のマニアックな作品を中古で買い漁って、AVを勉強している意識はありましたね」

 

 そして「新卒採用があるAVメーカー」のSODに入社。まさに相思相愛の出会いだった。AV愛あふれる木村監督自身がこだわるエロについても聞いた。

 

「AVとして売れることはもちろん大事ですが、企画ものではない単体作品でも、『なんとか自分の好きなほうに寄せていきたい』と常に思っています。僕は年単位でフェチの目先が変わるのですが、今興味があるのは日常の中のエロです。

 

『しゃぶりながら』シリーズは机や椅子、壁など、いろいろな場所から唐突に男性の性器が生えていて、女性がそれをしゃぶる以外は、ほぼ着衣で日常生活を送るというコンセプト。

 

 このように、日常の中に非日常のエロを平然と入れた世界が好きなんです」

 

 

 上の写真は、『しゃぶりながら』シリーズの台本。行為や台詞の内容を見ると、木村監督の作品が、細部まで計算して構築されていることがわかる。

 

「トラブルを未然に防ぐため、台本は以前よりしっかり作り込まれるようになりました。撮影前から体位の転換の流れや、射精の場所や回数、さらには順番まで細かく決められている場合もあります」

 

 この縛りは、AV制作にどう影響しているのだろうか。

 

「さまざまなことがきっちりと事前に決まっているぶん、『対応できるスキルを持ち、Hも好きというプロの女優さんだけが生き残っている』というのが現状です。

 

 その結果として、作品のレベルは上がっていると思います。こちらも脚本の段階で、しっかりと全体の画作りをしておかなければ、監督としてやっていけません」

 


きむらしんや 
33歳 2008年4月、SODに入社。2009年1月、『天使と空中セックス』で初めて自身の企画が映像化された(監督は別の人)。その後も『クラス中の女子生徒たちが目のやり場に困るチン○ン丸出し転校生がやってきた』などの企画を立案。そして2011年に初監督作品『犬の目線でのぞき見るオンナノコの無防備でHなせいかつ』を手がける。以降、監督として多くの作品を撮影。2017年からはアダルトVRをメインに制作している。現在は、SODクリエイトディレクター部部長を務める

 

(週刊FLASH 2019年6月11日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年初夏号
5月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入