最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1534号
11月5日号
10月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第26弾】9月27日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

レジェンドAV男優の「微乳攻略法」外側から徐々に近づけ夜バナ 2019.09.16

レジェンドAV男優の「微乳攻略法」外側から徐々に近づけ

イメージ(写真・アフロ)

 

微乳」が市民権を得て久しい。その人気を支える理由のひとつが、「敏感で快感を得やすい」という都市伝説だ。事実、ネット上では、“海外の大学による” という「巨乳は微乳より、約24%刺激を感じにくい」という研究報告も。

 

 だがそれは、はたして事実なのだろうか。そこで本誌は、数百~数千人の経験に基づく「経験知」から、検証を試みた。

 

「微乳は快感を得やすい」と証言するのは、レジェンドAV男優・田淵正浩氏だ。

 

「微乳の女性の感度がいいのは、間違いありません。痩せ型の方が多いですし、ダイレクトに感覚が伝わるからではないでしょうか」

 

 田淵氏の持論は「精力=体力」。運動している人は、巨乳・微乳を問わず、快感を得やすく、精力が強いことが多いという。

 

「ただ、有酸素運動をすると、真っ先に燃焼するのが胸の脂肪だといわれています。私の8000人の統計上、微乳の女性のほうが感度がいいことが多いのは、そうした理由も関係するのかもしれません」

 

 トップ微乳女優のあべみかこ氏も「微乳の女性は、敏感になりやすい」と語る。

 

「揉まれるべき乳房がないぶん、行為中は必然的に、乳首をいじられる時間が長くなるんです。その結果、乳首の性感帯が開発されるのではないでしょうか」

 

 実際、あべ氏は、2012年のデビュー時よりも感度がよくなっているという。

 

「好きな攻められ方は、乳房のまわりからソフトタッチでじわじわ焦らされて、最終的に突然乳首を攻められることです。

 

 揉まれるのは、少し恥ずかしいですね。『柔らかいね』と囁かれても、気を遣われているようで……。乳首を重点的にさわるのがいいんじゃないでしょうか」

 

 田淵氏にも、微乳の女性へのタッチ方法にこだわりがある。

 

「 “さわるかさわらないか” の強さで、さわっていくのが基本。指の腹で軽く、ゆっくり。外側から徐々に乳首へ近づけていく。骨盤、背骨、内腿などを、同時にソフトタッチするのも効果的です」

 

「経験を重ねるにつれて、微乳好きになってきた」という田淵氏。微乳ブームの背景には、田淵氏をも虜にした、敏感さがあったということだろうか。


たぶちまさひろ
1967年生まれ 1990年にAVデビュー。セミナー「性幸哲学塾」を主宰。経験人数は8000人超

 

あべみかこ
1994年生まれ 東京都出身 T158・B73.5(AA)W61.5H86.5 2018年に再計測し、AカップからAAカップに

 

(週刊FLASH 2019年9月24日号)

 

 

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入