最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

夜バナ夜バナ

夜バナ夜バナ

夫は20以上も年上…年下妻が明かす「夜の性活」こんな苦労が夜バナ 投稿日:2019.11.17 20:00

 24歳差婚を発表したTOKIOの城島茂(48)の会見をきっかけに、本誌が取材を進めると、20歳以上も年の離れた中年男性と結婚した年下妻を発見。もっとも気になるのは、夜の “性活” だ。若妻たちに、夫に秘密で性の本音を語ってもらった。

 

 

夫は20以上も年上…年下妻が明かす「夜の性活」こんな苦労が

 

●松井さん(29)看護師/夫=50歳、無職、年収0円

 

「つき合いはじめのころ、夫の持続力が悩みでした。私を喜ばせようと、イクのを我慢すると、中折れしちゃうみたいでした。

 

 私は看護師なので、『泌尿器科の先生や同僚に相談すればいい』と思っていましたが、いざ声をかけようとすると、恥ずかしくて聞けませんでしたね。

 

 刺激が必要かと思い、目隠し、コスプレ、ローションなど、あらゆることを試しました。楽しいけど、持続力には関係ないかな(笑)。

 

 いまは、夫がED治療薬を飲んでくれています。そこでいちばん嬉しかったのは、私の大好きな騎乗位ができるようになったこと。以前は、騎乗位をすると、必ず中折れしていたので(笑)。 もっと早く、薬に頼ればよかったと思います。

 

『やっぱり挿入してほしい』と、女性ならみんな思っているんじゃないかな。女性は年を重ねるにつれ、性欲が高まると聞くので、これからの長い年月が怖いです。でも、仮に挿入が無理でも、前戯だけでイケるので、仲よくしていけます!」

 

 

●鈴木さん(26)派遣会社勤務/夫=53歳、建築会社勤務、年収700万円

 

「夫に求めているのは、『癒し』なのかもしれません。一緒にいるだけで癒やされますし、エッチをするのもその延長。

 

 週に1度、お風呂を沸かすのですが、一緒に入りたいからなんです。『お湯の量も半分ですむから』っていうのを口実にして、エッチもするという流れです。

 

 結婚直後は、お風呂場できれいにするついでに、口でしてあげていたんです。でも、元気になっても長時間持続しないことが発覚したので、やめました。貴重な “勃起時間” は、ベッドの上での『ここぞ』というときのために取っておくんです(笑)。でも、夫とのエッチの内容に不満はありません。

 

 つき合って初めての夜、口でしてくれようとするから、びっくりしました。若い元カレは、アソコは元気でも、まともに前戯をしてくれたこともなかったので。だから、夫とのエッチには、愛を感じます。それに、もし挿入が物足りないときは、後戯をおねだりしちゃうので、大満足です」

 

 

●田村さん(26)パティシエ/夫=49歳、WEBデザイナー、年収600万円

 

「妊娠中、8カ月くらいまでは、慎重にエッチをしていましたが、出産して4カ月間は、性欲がまったく湧かず、レスでした。

 

いまは、夫の帰りが遅いときに、こっそりエッチな漫画やAVを見てオナニーするほど、性欲がよみがえりました(笑)。

 

 でもやっぱり、いちばん好きなのは挿入なんですよ。クリをいじればイクことはできるけど、挿入の満足感には勝てない。だから夫には、できるだけ長く頑張ってほしい。

 

 夫がED治療薬を飲む前は、一度休憩を入れると萎えちゃって、『あれ?』とか言いながら、自分でおちんちんをさわっている姿がかわいそうで……。私が出産したせいで、『体型が変わり、乳輪も黒くなって魅力的じゃなくなったのかな』と気にもなりました。

 

 でも、いまは薬で解決できました。『さっき薬飲んだよ』と声をかけてくれるので、私も急いで子供を寝かしつけます(笑)。すぐに挿れてもらい、育児疲れを癒やします」

 

※登場人物はすべて仮名です。

 

(週刊FLASH 2019年11月19日号)

夜バナ一覧をもっと見る

夜バナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入