最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

吉田戦車「フランス製のキャットフード」値段の高さに目が点連載 投稿日:2017.05.24 11:00

吉田戦車「フランス製のキャットフード」値段の高さに目が点

 

 ネコを飼っているので、ネコのエサを買わなければならない。
 キャットフードというものが売られていなかった時代は、ダシがらの煮干しやけずり節、魚のおかずの骨や頭に残り飯をまぜた、いわゆる猫まんまをてきとうに与えていたのだと思う。実家では飼っていなかったので、くわしく知らないのだが。

 

 当時の、冷凍フィッシュフライのCMソングを妙におぼえている。
「骨がないから~、ネコ~、がっかり」
 小骨をいやがって魚を食べない子がいるから、骨なし魚フライが開発されたのだな……ということを子供心に思った。

 

 それほどまでに、サカナ系の残飯は、普通にネコのエサだった。

 

 今は「人間と同じものを食べさせるのはよくないので、低塩分で総合的な栄養が含まれたペットフードをあげましょう」という世の中になった。

 

 2015年、保護された子ネコの里親になることになり、ひきとりにいった動物病院で「これをあげてました」ともらったキャットフードは、フランスのメーカーの高級品だった。

 

 フランス!
 おいおい、ノラの子ネコに、なにもフランス製のエサをあげなくても……とちょっと思った。昭和を引きずっている人間なので、ついそんなふうに思ってしまう。

 

 しかしまあ、おとろえていた幼い体を元気にするため、病院でも最善の対応をしたということだろう。料金は保護して病院にあずけた人が負担しているのだった。

 

 ネコ飼いの友人宅でもそれを与えていると聞き、しばらくは自転車を飛ばして買いにいっていた。そのへんのスーパーやコンビニでふつうに売っているエサではなかったが、自転車圏内に取り扱い店があった。

 

 ひきとった二匹のうち一匹は、治療法がない難病が発症し、家にきて2カ月でこの世を去ってしまった。

 

 その悲しみも薄れた翌年、もう一匹飼うことになり、そいつも先輩ネコのマツも元気すぎるくらい元気なので、ちょっとエサを見直すことにした。

 

「やっぱりおフランス、お高いよな……」
 と、買うたびに「お」をつけて思っていたからだ。
 国産の、もうちょっと買い求めやすいフードが商品棚にはたくさん並んでいるのだし、試してみてもいいだろう。

 

 最初に試した商品はマツの気に入らずあきらめたが、次に試した別メーカーのものはどうやら食べてくれたので、まぜながら徐々に替えていき、定着した。
「室内猫用。毛玉対応。コラーゲン3000mg配合」などと書いてあり、それなりに高級品だ。

 

 定価でざっくりと、キロ1300円がキロ1000円になったかんじで、まだまだ高いといえば高いが、しばらくはこれをあげようと思っている。

 

 フランス製品は、人間用のワインやチーズをたまに買ってますので……と、心の中でフランスに頭をさげることも忘れない。

 

よしだせんしゃ
マンガ家 1963年生まれ 岩手県出身 1989年に連載開始の『伝染るんです。』が国民的大ヒット。『火星田マチ子』『ぷりぷり県』など著作多数。2015年、第19回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。近刊に『おかゆネコ7』『まんが親5』(ともに小学館)、絵本『走れ!みかんのかわ』(河出書房新社)。妻のマンガ家・伊藤理佐さんと小学2年生の娘を育て中

 

※本誌連載では、毎週Smart FLASH未公開のイラストも掲載しています

(週刊FLASH 2017年5月30日号)

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入