最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】学習塾の塾長

連載 投稿日:2017.06.10 16:00FLASH編集部

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】学習塾の塾長

 

「強く、優しく、豊かな心を持った人間を育てる」という理念の下、2013年12月に開講した「昇学塾」。小学生から高校生まで約50人の生徒が通っている。

 

 この学習塾がほかと違うのは、塾長をねこが務めているところ。生徒のお出迎えやお見送り、教室巡回などが塾長の“業務”だ。

 

「ねこ塾長」のしょうが初めて姿を見せたのは、開講する2週間前のこと。

 

「交通事故に遭ったのか、背中から尻尾にかけて、大怪我をした状態で、迷い込んできたんです。おそらく生後半年くらいでした。数日後に保護し、病院で手術などを受けて、ここで飼うようになったんです」(塾を経営する山元英樹さん・以下同)

 

 しょうが塾に住み込むようになって、いちばん喜んだのは塾の生徒たち。怪我の回復が遅く、体調が悪化していたしょうを心配して、お小遣いをはたいてベッドを買ってきたり、家から毛布を持ってきたりする生徒もいた。

 

 こうして半年後、看護の甲斐あってしょうの怪我は完治。晴れて塾長となった。当時、中学3年生だった生徒たちとは、高校合格祝いの遠足にも同行。いっしょにバスに乗り、みんなで楽しい時間を過ごしたこともある。

 

 山元さんは、しょうを引き合いに出して生徒たちによく語る言葉がある。それは「為せば成る」だ。

 

「しょうの怪我は、もしかしたら治らないのではと思ったこともありました。でも、あきらめずに治療を続けたことで、いまではこんなに元気になりました。生徒たちにも、しょうを見習って、何事もあきらめてほしくないと思っています」

 

 何人かの生徒に話を聞くと「しょうくんがいるから塾に来るのが楽しくて。勉強する意欲も湧いてきます」「しょうくんのおかげでテストが頑張れました」との答えが。

 

 人間の先生に負けず、生徒たちのお手本となっているみたい!

 

(週刊FLASH 2017年3月14日号)

【関連記事】

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入