最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

村田諒太インタビュー「時は来た」。再戦への思い。I'm Ready! 投稿日:2017.10.02 18:08

――ジャブ、アッパーには前回も対応できていたと思いますが、エンダムの右は、変な態勢からも打ってくるので、今回も当然警戒するパンチでは。

 

村田諒太インタビュー「時は来た」。再戦への思い。

 

そうですね。やっぱり怖いですね。あの右は確かに変な態勢というか、態勢崩しながらでも打ってくるので、そこをじゃあガーッと攻めていって、もらったら嫌だなというのはあるので、そこはやっぱ気をつけなければいけないですよね、最後まで。

 

ただ、強いパンチは右のオーバーハンドだけだと思っているので、アッパーも強くなかったし、ジャブも、あのジャブでガードが弾かれるようになったら僕も負けだと思っているので。

 

前回はそれはなかったので、やりやすいかと思います。ただこれは、本当結果論なんですよね。やりやすいと言っておいて、再戦が変な試合だったら「油断していた、あいつは」「自信過剰だ」ってなるし。勝ったら、「やっぱり自信持っていたから村田は強かった」ってなるし。

 

もうあとは結果論なんで、今やれることはやって、あんまり深く考えすぎないというか。

 

――一番のポイントとなる右のロングのストレートを前回は1、2のタイミングで見せておいて、1のタイミングで当てたのがカウンターになったと思うんですけれども、当然エンダムもトレーナーのペドロ・ディアスも対応を考えてくるはずで、強い右を当てるための秘策は。

 

僕は、けっこう単純に数を増やせばいいかなって思っているんです。要するにガードの上からでも打っていけば。前は数少なかったので。前回だって来ると思って打っているわけじゃなく、相手がカウンターを取ろうとしているから、たまたまあったカウンターだったんです。

 

ボクシングって結局そんなもんだなって思って。初めからカウンターを狙うと思わないで、たまたま打っているパンチがカウンターだったってことがほとんどなんですよね。だから、パンチの数を増やすことによってそのチャンスを広げるという。

 

たまたまでもいいからカウンターになっている。たまたまでもいいからダメージブローになっているというチャンスを広げることが大事かなと思います。

 

――実際前回もガードの上からのパンチで、エンダムは何回もバランスを崩していましたね。

 

そうですね。もちろん対策してくると思うんです。だからそこは蓋をあけてみないとわからないので、それに対する不安はあるんですよね。

 

まったく右が当たんないような。だけどどうなんだろう、あの足の使い方だったら追いつくと思うんですよ。自信もってやれば。

 

1234

【関連記事】

・村田諒太がアッサン・エンダムと再戦決定

・村田諒太が現役続行。世界再挑戦はどうなるのか?

・村田諒太、世界初挑戦REVIEW 

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入