最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

村田諒太インタビュー「時は来た」。再戦への思い。I'm Ready! 投稿日:2017.10.02 18:08

村田諒太インタビュー「時は来た」。再戦への思い。

 

――当然エンダムは離れる。そして接近もしてくるでしょう。

 

最後まで打ち合うことはできないと思うんですよ。そもそものあごの強さからして。足は使ってくるとは思います。でも、やっぱりミドル級はパンチ力はあるので。

 

相手が元気なうちに変に打ち合ってバカ―ンとカウンターもらって僕が倒れるのが一番馬鹿らしいので、防ぐところは防いで、打てるところ、相手が崩れているところはしっかり打つ。

 

もうベースは変わらないですね。

 

――ポイントを取るためには当然接近戦も問われると思うのですが、実際、前回もくっついているシーンはかなりありました。エンダムとの接近戦はどう考えていますか。

 

まあ、やっぱり回転速いし、うまいのはうまいです。ただやっぱりそこで僕はけっこう空いているところを見ちゃうんですよ。ガードして相手の空いているところを見て、空いていると思ったら打つ。そのぶんテンポは遅れているので、空いてなくてもガードの上に打つという作業が必要なのかなと思います。

 

先にガンガンとガードの上に打って、それを組み合わせないといけないなという気持ちはありますね。

 

――今回、6月9日に現役続行の会見をやって、入札だなんだという噂があったり、いろいろな可能性のなか、エンダムのダイレクトが決まったときはどう思いましたか。

 

村田諒太インタビュー「時は来た」。再戦への思い。

 

やっぱり素直にありがたかったです。うれしかったです。やっぱり一回チャンス逃したボクサーが2回目もらえるっていうことはなかなかないので。

 

まあ、ぶっちゃけエンダムにこだわったとかはまったくなかった。ビリー・ジョーでもいいと思っていたし、WBCでもなんでもいいと思っていたんで。

 

1234

【関連記事】

・村田諒太がアッサン・エンダムと再戦決定

・村田諒太が現役続行。世界再挑戦はどうなるのか?

・村田諒太、世界初挑戦REVIEW 

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入