最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1622号
11月12日号
10月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月19日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

アッサン・エンダムvs.村田諒太 再戦 PREVIEW

I'm Ready! 投稿日:2017.10.13 15:00FLASH編集部

アッサン・エンダムvs.村田諒太 再戦 PREVIEW

 

攻撃面ばかりに目を向けたが、ディフェンス面はどうだろう。第1戦の村田に「危ない」と思わせるようなシーンはなかった。エンダムのジャブもアッパーも、村田自身“鉄壁ガード”を脅かすようなものではなかったと感じている。その上で村田はエンダムの右を要注意パンチに挙げた。

 

「あの右は確かに変な体勢というか、体勢を崩しながらでも打ってくる。そこをじゃあガーッと攻めていって、(パンチを)もらったら嫌だなというのはあるので、そこはやっぱり気をつけなければいけないですよね、最後まで」

 

06_1

 

 村田がガードを固めて圧力をかけ、エンダムがそれを何らかの方法でしのぎながらポイントをピックアップする、という基本構図は今回も変わらないと予想する。

 

 その上で、村田がエンダムのパンチを食らって倒れる、というシーンはなかなか想像しづらいし、エンダムが軽快なフットワークで村田の攻撃をひょいひょいかわしていく、というパターンも、それがフルラウンド続くとは考えにくい。

 

07_1

 

村田に不安要素を探すなら、第1戦のイメージを引きずるファンの「勝って当然」という思いと、再戦の「完全決着」というキャッチフレーズが心理的なプレッシャーになる、ということだろうか。

 

 しかし、第1戦で得た自信は、プレッシャーによるマイナスを補ってあまりあるように思える。初めて世界のトップクラスと試合し、「自分のボクシングは世界トップレベルで通用する」という自信である。加えて村田が第1戦でエンダムに「脅威」を感じなかったことも、アドバンテージになるのではないだろうか。

 

 心技体を総合して考えて、村田は優位な立場にある、というのが本稿の結論だ。ただし、何が起きるかわからないのがボクシング。両雄の一挙手一投足を、息をのんで見守りたい。

 

 22日の試合には、トップランク社のボブ・アラム氏も来日して、村田の試合を観戦することになった。大物プロモーターの来日は、村田への期待がいかに大きいものか窺わせる。 決着のゴングが迫る。

 

<村田諒太 “I'm Ready”トップに戻る>

続きを見る
123

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入