最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】ボルダリングねこ連載 投稿日:2017.11.18 16:00

【ニャイス・トゥー・ミート・ユー!】ボルダリングねこ

 

 2020年の東京五輪から採用されることで、注目を浴びているスポーツクライミング3種目。そのひとつ「ボルダリング」は、高さ3~5メートルの人工壁を、ロープなどを使わず「ホールド」と呼ばれる突起物を頼りに登っていく競技だ。

 

 人間でも難しいこのスポーツを、いとも簡単にクリアしてしまうねこがいた! 浦添市のボルダリングジム「BOULBAKA(ボルバカ)2」のオーナー・後庵充さが飼う「ララ」だ。

 

「ララと出会ったのは2016年7月。夕方、ジムの外を眺めていたら、歩道を子ねこがヨタヨタと歩いているのが見えたんです。かわいそうになり、そのまま僕が面倒を見ることにしました」(後庵さん・以下同)

 

 飼い始めた当初から、ララは好奇心旺盛。2メートル近くある受付カウンターに跳び上がろうとしたり、ジムの中を走り回ったり。「うーまくー(沖縄弁で『やんちゃ』の意味)で、身体能力が高いなあ」と、後庵さんは思っていた。

 

 そして10月。後庵さんがホールドを取り替える作業などをしていたところ、ララが突然、壁のホールドを次から次へと飛び移り、高さ4メートルの壁を初登頂してしまった。これには、ボルダリング歴16年の後庵さんもびっくり。

 

 そこで、ララが壁を登る動画を撮り、ジムのフェイスブックにアップしたところ、世界中から注目を浴びるようになった。アイルランドの会社とは、この動画提供のライセンス契約を交わしたほど。

 

「ジムで会員さんたちが楽しそうにボルダリングをしている姿を見て『やってみたいにゃ~』と思ったのかも(笑)」

 

 今では、4メートル上の頂上に餌を置けば、慣れた足さばきでホールドを登り、10秒程度で登頂してしまう。ジムには、ララの動画がきっかけでボルダリングを始めたという人も多い。

 

「ララには、これからものびのびと過ごしてほしいですね」
(週刊FLASH 2017年8月22・29日合併号)

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入