最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1619号
10月12日号
9月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月28日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

村田諒太×那須川天心

I'm Ready! 投稿日:2018.01.05 00:00FLASH編集部

村田諒太×那須川天心

 

―― スポーツ選手で験担ぎをする方は多いと思いますが、験担ぎとか、リングに上る前に必ずやることってありますか?

 

村田 僕はないですね。できなかったら嫌なので。ひとつのルーティンみたいなのを作ってできなかったら、それが心配になるじゃないですか。それが嫌なので。逆に、普段の生活では感じますね。何かを変えたくないとか。いま、いい状況だったら、もうその生活のルーティンを変えたくない。例えば、引っ越したくないとか。時計も新しいのを買いたくないとか。いまがいい状況だから、それでいいんだって(笑)。いまはいい状況なので、何も変えない時期ですね。ずっとこの1年半ぐらい流れがいいから。そういう意味では験は担いでいるのかもしれないですけど、ルーティン的に、試合の前にこれをしなければというのはないですね。

 

那須川 僕も特にないですね。以前は試合が終わったら必ずコレを食べるとか、試合前に計量が終わったらコレを食べるとかあったんですけど、そういうのを父親にただされて。強いて言うならば、試合前のアップのときには同じウェアを着ています。それ以外はないです。僕もいろいろ変えてしまうと悪い方向にいっちゃうのかなって思ったりするんで、なるべく同じものって決めています。

 

―― 那須川選手が出場しているRISEやRIZINは、入場の煽りや演出がすごく豪華ですが、ご覧になってどう思われますか?

 

村田 RIZINは中継はフジテレビさんですよね? フジテレビさんはいい演出していると思いますよね。僕の試合もそうですし、ほかのボクシングの興行にしたって、フジテレビさんの演出ってやっぱり違うと思うんですよ。ボクシングとか総合格闘技もそうですけど、UFCの影響が大きいと思いますね。試合のない時間は音楽をかけたりとか、あまり格闘技のことを知らない人が来ても、その場でお酒とか飲みながら、楽しんでいるっていうね。海外のを真似ている。それは悪くないと思いますね。神聖にすべきところは神聖にすべきところがあるので。そのあたりがしっかり区別できていれば、どんどんやっていんじゃないですか。

 

―― あまり格闘技に興味を持っていなかった人も、興味を持って足を運んでくれればいいですよね?

 

村田 そう。格闘技を観に行こうよって言って、複数で来てくれて、それほど興味のなかった方でも、会場の雰囲気を楽しんでくれたら、それはそれでいいと思います。

 

―― 那須川選手は以前、K—1の入場に憧れてというお話をされたことがありますが、いま自分がその入場をしているのは、いかがですか?

 

那須川 そうですね。自分が昔、テレビとかでやっているのを観て、憧れていたところなので。まあ舞台は違いますけど、僕を見て、また憧れてくれる子供が増えてくれれば格闘技の人口も増えると思うんで。そういうことを僕はやっていきたいなって思っています。

 

村田諒太×那須川天心

 

―― 減量のあと、いちばんに食べたいものってありますか?

 

村田 僕は本当にないですね。アマチュアが長くて、いろんな国でやってきたし、自分が思うように食べられるという状況になかったので。減量のいちばんの敵になるのは糖質系の食べ物で、それを抑えて減量をしていますので、逆に計量後はカーボを、炭水化物を体の中にしっかり入れていく。そういう目的を持って食べるだけで、それはその日の気分で変わりますし、あまり決めていないですね。

 

那須川 僕も特に決まってないですけど、試合をするにあたって、いちばん最適なものを食べますね。計量に成功したから、なんでも食べていいってもんじゃないので。体に優しいもの、炭水化物だったらお粥だったりとか、決めて食べています。試合が終わった後は、いろいろ食べたいものはありますけど。

 

―― 試合が終わってから、まず食べたいものは?

 

那須川 そのときによって違いますけど、肉だったり、スイーツだったり、うなぎだったりいろいろありますね。うなぎの肝が好きです。

 

―― 村田選手は好きな食べ物は?

 

村田 肉も好きですし、なんでも好きですよ。よくみかんって言ってますけど、なんでも食べますよ。僕もよく試合の前はうなぎを食べますね、日本でやるときは。試合の前日、計量が終わった夜は、うなぎ食べますね。肝、美味しいよね?

 

那須川 はい、美味しいですね。

 

―― うなぎはスタミナっていう意味?

 

村田 どれだけの意味があるかわからないけど、昔から言われる精力をつけるみたいなね(笑)。なんかいいじゃないですか、日本人の文化というか、我々の思想にかなり昔から脈々と生きているものなんでね。ただのマインド的なものかもしれないけど、栄養素から考えても。でも、なんとなくいいと思ったら、それでいいんですよね。

 

―― 最近、読まれている本はありますか?

 

村田 昨日の夜、読みはじめたのは『日本人の知らない武士道』という、武士道をもう一度考えようみたいな。外国人の方が日本に来て、武士道を学んで、それがどういうものかが書いてある。ガッツポーズで柔道は終わったみたいな、そういうことが帯に書いてあるもので、武士道の精神っていうのは何かっていう。

 

那須川 この前、学校の先生に勧められて『宮本武蔵 五輪の書』というのを、絶対読んだほうがいいって言われて買いました。

 

村田 学校行ってるの?

 

那須川 はい。あと1回休んだら卒業できないんです、単位制なんで。

 

―― やっぱり高校は絶対に卒業しようと思っているのですよね?

 

那須川 はい、そのために4年制を選んだので。卒業しないと、今までの4年間が無駄になってしまうので。それは絶対にできると思います。

 

―― 午前中は授業を受けて、午後は練習というのはなかなか大変ですよね?

 

那須川 そうですね、でももう慣れました。格闘技をやるためにその学校を選んだので、苦ではないです。

 

―― リラックスするためのオフタイムの過ごし方ってありますか?

 

村田 僕は家族がいるんで、子供と一緒にいますけど。あれはリラックスって言うんですかね、いちばんハードな時間でもありますからね(笑)。現役でいる間は、忙しく生きて、しんどい日々を生きているんだから、そんなにリラックス、リラックスって求めなくても。現役を引退したら、嫌でもリラックスしなきゃいけない日って来るわけじゃないですか。それまでは、あんまり考えなくていいんじゃないですかね。

 

―― 那須川選手はありますか?

 

那須川 僕は特にないですね。寝ているときとか。

 

村田 格闘技やっていて、楽しいわけですよね?

 

那須川 そうですね。

 

村田 充実している人間に、リラックスしている瞬間、リラックスしている瞬間って求めるのがよくなくて。だいたい社会においてリラックスする瞬間がどうとか言っているやつはね、たいして仕事なんかに打ち込んでないからなんですよ。楽しめてない人たちがリラックスする瞬間を求めるのであって、我々はこの生活っていうのを苦しいながらもなんとか楽しんでいて、一生懸命打ち込んでいて、それで精いっぱい。リラックスする時間なんて言っているやつは、ぬるいですよ。

 

村田諒太×那須川天心08

 

―― 世界チャンピオンになる前と後で、家族だけは何も変わらない?

 

村田 変わらないですね。それは間違いないです。オヤジも変わらないし、息子も何も変わらない。さっきもここに来る前、息子から「ボクシングしよう」って言われて、馬乗りで殴ってきたので、これのどこがボクシングなんだよって思ってね。総合もやってる那須川選手と総合やってない僕が対談するので、そのウォーミングアップだったのかなって(笑)。

 

―― 家族では世界チャンピオンという肩書より、父親っていう冠が最優先で、ほかの人間関係とはそこだけは違う?

 

村田 そうですね。やっぱり生き物ですから、自分の子供を育てていくっていうことが、最重要課題。それがいちばんですよね。それに比べたら、ボクシングなんて別に重要じゃないし。

 

―― 子どもたちも父親っていうのがプライオリティで、世界チャンピオンであろうがなかろうが。

 

村田 そう思いますね。たまに僕も父親として、この子にただプレッシャーを与えているんじゃないかと思ったのですが、最近は思わなくなりました。僕自身も彼に対してベストを尽くしているし、ほかの子たちにはできないような経験もできているだろうし。その上で彼が将来どうなるこうなるっていうのは、申し訳ないけど、僕の責任じゃないと思うし。僕はベストを尽くしているから、それは彼本人の問題であって、僕の問題ではなくなるところだと思っているので。いま、自分がやることを一生懸命やって、彼とも一生懸命一緒にいて。それでいいんじゃないかと思って接していますね。だから少し、最近は気楽になりました。

 

―― 会社員だったら、「実は昨日、お父さん会社で怒られてさ」っていうのは子供には普通は伝わらないですが、世界レベルのボクサーという職業は、「昨日、お父さん、ダウンしたでしょ」って伝わっちゃう仕事じゃないですか。子供のコミュニティで「昨日、おまえのお父さんさぁ……」って言われるのはしんどいですか?

 

村田 それは因果論ですからね。どうだった、ああだったと言われて、それが嫌だから僕の人生こうなった、っていう子供だったら、何をやったってうまくいかないだろうし。もっと目的論的に考えていかなきゃいけないし、その目的は何をもってするかが大事であって……。でも僕がね、因果論じゃなくて目的論で考えるといっても、それが彼に伝わるかどうかもわからないし。できるだけ伝わってほしいと思いますけど、そういう精神で自分もやることやって、「パパがこうだったから自分がダメになった」じゃなくて、「パパがこうなんだけど、自分はこうなった」って目的を見つけられるかどうかも、それは彼の課題なので、分けて考えないと。そう思うとね、少し楽になります。

 

―― 那須川選手はいまの話を聞いて、結婚っていいなとか、子供っていいなって思いましたか?

 

那須川 いや~、僕はまだ思わないですね。

 

村田 19歳だよね? まだ思わない(笑)。いたけどね、まわりでパパになっているやつ。いない?

 

那須川 いますね、僕はよくないなって思いますけど。

 

村田 まだ子供が子供産んだみたいな感じだよね。でも人それぞれ。否定することはないです。

 

―― 結婚の話が出たので、村田選手はご結婚されていますけど、好きな女性のタイプは?どんな人を好きになりますか?

 

村田 好きになったものが好きになったものなので。ましてや結婚なんて、脳の興奮状態ですから。普通だったらひとりの人間と、この先70年、80年も一緒にいようなんて感情は湧かないわけじゃないですか。冷静に考えたら、マイナス面が多すぎて。脳が興奮している状態だから。理路整然と、こうだから好き、ああだから好きなんてないですよ。好きになったから好き。そういう状態だから、あまりよくないタイプを選ぶこともあるわけで、タイプうんぬんじゃないでしょうね。見た目で、この女がきれいだなって思うのは、山ほどいるでしょうけど。

 

那須川 そうですね、好きになった人が好きなんだなって思いますけど、明るい人が好きです。

続きを見る
1234

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入