最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1486号
10月9日号
9月25日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月15日増刊号
3月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第14弾】9月21日より好評発売中!

詳細・購入

連載連載

連載連載

吉田戦車「登山用ベルト」に満足して一生これでいいやと思う連載 2018.06.27

吉田戦車「登山用ベルト」に満足して一生これでいいやと思う

 

 ズボンの腰に締めるベルトのことを、子供のころはバンドとも呼んでいた。今、時計バンドや結束バンドには使うけど、ベルトという意味でのバンドは死語だろう。

 

 

 自分や父親が使ってる細い地味なのがバンドで、ヒーローが変身前に締めているような、ごっつい革のやつがベルト、というように、ぼんやり区別していたかもしれない。

 

 チャンピオンベルト、変身ベルトなどに象徴されるように、「ベルト」は特別な、カッコいいものであった気がする。

 

『太陽にほえろ!』のブームがあり、われわれ小学生もジーパン刑事(松田優作)などに憧れ、ジーンズに恋い焦がれた。同時に、ああ、太い革のベルトをいつか締めたい、と思った。

 

 テレビの洋画劇場で好きだった西部劇の影響もあった。荒野をさすらう男は、革のベルトを締めなければならない。中学生になってようやく、パチモンっぽいジーパンとともに、革の二つ穴ベルトを買ってもらった。

 

 さすがに変身ヒーロー気分にはもうならないが、クリント・イーストウッド気分でベルトをなでさすっていた。

 

 成人すると、そこまでのジーンズ愛、ベルト愛はなくなるのだが、惰性でジーンズをはき、ベルトも(すでに一つ穴だったが)締めていた。

 

 ベルトがわずらわしくなるのは、30歳前後に食べすぎ飲みすぎで腹が出始めてからである。ベルトの厚みや金属バックルのぶん、余計に腹が出て見えるじゃないか、と、怠惰な自分にではなく、ベルトにイラついていた。

 

 その後、無印良品やユニクロが世の中に増えてきて、カーゴパンツとかイージーパンツをメインではくようになり、革のベルトはどんどん遠ざけられていった。だが、そういうズボンでもベルトが必要な時はある。

 

 そんな時に出会ったのが、登山用のベルトだった。30代から40代前半にかけて、しばらく友達と登山をしていて、登山用品店に足しげく通っていた時期があったのだが、そこで買った。

 

「WALK ABOUT コンビネーションベルト」というやつ。ナイロン地で、バックル部分はプラスチック製。これが細くて軽くてとても気に入り、山以外でも日常使いするようになった。

 

 ずいぶんよれよれになって、まだ現役だが、久しぶりにもう一本買い足すか、と思った。今は登山は休止中だけどな。まだ売ってるのかな、と「石井スポーツ」をのぞいてみると、ありました。

 

 あいかわらずカラフルなラインナップが数種類。税込み1642円。冠婚葬祭のスーツの時にこれ、というわけにはいかないだろうが、もう、私のズボンをずり落ちなくしてくれる帯状のものは、一生これでいいやと思う。

 

 たまにはくジーンズも、自転車で楽なようにストレッチ素材だし、荒野をさすらうかわりに首都圏をチャリでさすらう今、ベルトも革じゃなくてナイロンがふさわしいように思う。

 

よしだせんしゃ
マンガ家 1963年生まれ 岩手県出身 『伝染るんです。』『ぷりぷり県』『まんが親』『おかゆネコ』など著作多数。「ビッグコミックオリジナル」で『出かけ親』、「ビッグコミックスピリッツ」にて『忍風! 肉とめし』を連載中。妻はマンガ家・伊藤理佐さん

 

※本誌連載では、毎週Smart FLASH未公開のイラストも掲載

 

(週刊FLASH 2018年7月3日号)

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年盛夏号
8月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

Vol.6 9月21日発売
表紙:小倉優香

詳細・購入