最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1561号
6月2日号
5月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月22日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

【数字は踊る】ネットがセックスレス時代を救う!連載 投稿日:2016.07.21 22:00

【数字は踊る】ネットがセックスレス時代を救う!

写真:AFLO

 

●高齢者に増える「草食オヤジ」

 

「最近の若いもんは家でネットばかり見て、『セックスなんて面倒くさい』って言うそうじゃないか。まったく、軟弱でけしからん。我々の若いときは……」

 

 居酒屋でビールを片手に、こんな会話が日本中で繰り広げられていそうな今日このごろだが、じつは「草食オヤジ」も増えている。

 

 2014年の9月に16歳から49歳の男女2676人(平均年齢男性33.9歳、女性35.3歳)を対象にして、1134人から回答を得た、性交渉経験に関する調査が1月に発表された(日本家族計画協会)。

 

 調査時の1カ月間に性交渉がなかったとする人が全体で49.3%(男性48.3%、女性50.1%)で、男女とも前回調査(2012年)より約5ポイント増えた。夫婦に限ると44.6%がセックスレスで、これは前回に比べて3.3ポイント、10年前に比べると12.7ポイント増えた。

 

 理由でいちばん多かったのは、男性が「仕事で疲れている」21.3%、女性では「面倒くさい」23.8%だった。また「出産後でなんとなく」や「現在妊娠中、出産後すぐだから」など、妊娠と出産に関する理由の合計は男女合わせて53.4%と、レスの理由としては最も多かった。

 

 セックスレスが増えた背景には、男性、とりわけ若い男性の草食化傾向があるといわれる。実際、性交渉への関心は「ない」または「嫌悪している」が男性17.9%、女性45.2%に上っていて、25~29歳の男性では20.3%と、2008年の調査時の約2.5倍に増えている。

 

 また、同協会が2013年12月に全国の20~69歳の男女約10万人に電子メールで依頼し、5000人から回答を得たアンケート調査では、20代男性の42%、女性の21%が「異性と交渉を持った経験がない」と答えた。性が氾濫している時代に若者は欲望を失っているのだろうか。

 

 注目すべきは既婚者、交際相手がいる人に対するアンケートだ。コンドームメーカーとして有名な相模ゴム工業の2013年の調査では、「世間一般にいうセックスレスだと思うか」の設問に対しては、既婚者の55.2%、交際中の29.0%が「そう思う」と答えている。

 

 特に40代男性の62.9%、50代男性の60.3%がセックスレスだと思っている(40代女性56.2%、50代女性53.5%)。セックスをしたくない理由でいちばん多かったのは、40代男性では「面倒くさい」、次いで「年齢的にもういい」だった。50代男性では理由の1位と2位が逆転している。

 

●ネット経由でセックスする20代女子

 

 若者はセックスに興味を失い、中年は加齢のせいで気力を失っている。

 

 このまま日本は「1億総レス時代」に突入してしまうのか。と調べてみると、相模ゴムの調査で、ひとつ面白いデータがあった。なんと20代女性の初体験相手の9.6%がネット経由だったのだ。

 

 そもそも、セックスレスとは、日本性科学会は「特別な事情がないのにカップルの合意した性交渉、あるいはセクシャル・コンタクト(オーラルセックスやペッティング、裸での同衾)が1カ月以上ないこと」と定義している。

 

「若者から恋愛や性を遠ざけたもの」の象徴として扱われてきた「インターネット」が、これから「セクシャル・コンタクト」の機会を増やすかもしれない。

 

(週刊FLASH 2015年4月21日号)

【関連記事】

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入